尚絅学院大学

人文社会学類 地域実践領域

育成する人材像

「地域に関する総合的な理解」をベースに、「幅広い知識」と「実践力」を持ち、地域資源の活用による地域活性化に寄与する人材を育成します。

学びの特徴

地域資源の利活用を実践的に学ぶ

経験豊富な実務家教員のもとで、東北地方をフィールドに地域資源を発掘し、それを活かした商品開発や観光商品企画の基本について学ぶことで、「商品・サービスの企画力」、「実践力」を身につけます。

課題発見・解決力の育成

学生主体のゼミ活動を通して、コミュニケーション能力や協働してプロジェクトを完遂する姿勢、態度、能力を身につけます。「この取り組み方でいいのか?」「目標はこれでいいのか?」と常に現状を分析する姿勢から課題発見力を磨きましょう。

地域との連携(プロジェクト型学習)

大学の所在地域および近隣市町村との連携協定に基づき、自治体や地域住民とともに現実の課題発見・解決に挑むプロジェクト型学習を通じて、豊かで持続可能な地域社会の創造に向けて、魅力ある街づくり・コミュニティデザインの考え方と手法を学びます。

「否常識」な人になれ!地域の社会課題に挑戦しよう!

張 涛 教授

専門領域
経営学、経営戦略論、企業統治論
担当授業科目
経営学入門、経営戦略論、マーケティング論、地場産業・企業研究など
ゼミのテーマ
「ビジネスモデル・イノベーション」に関する文献調査や事例研究を通して競争戦略を分析・評価することについて学び、企業業績の好不調の原因を探ります。

常識(思い込み)を否定することのできる「否常識」な人間になり、地域の社会課題に「否常識」な考え方と手法で挑んでみよう。そのためにはまず、学問の基礎をしっかり学ぶことで「世間一般の常識」を押さえておくことが大切です。

おススメ授業科目 Pick Up

地場産業・企業研究

地域の経済を支える地場産業の現状課題を把握します。

マーケティング論

市場の動き、消費者行動について学び、商品開発の基本的な考え方を身につけます。

コミュニティデザイン論

人口減少・情報化社会、21世紀の社会変化を見据えた人と人のつながりの基本的な考え方について学びます。

具体的な場所で、目の前の人と、具体的な課題に知恵をしぼり、ともに活動する

松田 道雄 教授

専門領域
生涯学習、地域づくり、発想法
担当授業科目
地域活動論、地域活動実習、生涯学習論、多世代交流論、学校と地域連携
ゼミのテーマ
合い言葉は、アイデア、コミュニケーション、アクション! 発想力を鍛える練習、話し合いの技法学習後、地域課題に取り組む活動を試みます。

写真で私が持っている紙は何でしょう? あるまちの課題解決の一つとして生み出したものです。今年は世界発信を計画中です。「66将棋」で検索どうぞ。こんな現在進行の実践から共通原理を探り、皆さん自身が活動し、未来を生きる力をつける! このような学びをサポートします。イオン名取キャンパスでチャレンジショップもしましょうか!

おススメ授業科目 Pick Up

地域活動論

地域に関わる各分野5人の教員で構成し、地域活動の基礎と多彩な実践者からの事例を学びます。

地域活動実習

仙台市や本学と協定を結んでいる名取市、川崎町などで地域活動を実際に体験します。

生涯学習論

地元公民館や全国各地で行われている生涯学習の実際から、それを担う仕事・資格を探ります。