尚絅学院大学

通学について(公共交通機関・車両通学)

路線バス・地下鉄

宮城交通バス

発着 片道料金 通学定期券
(1ヶ月)
仙台駅→尚絅学院大学 480円 17,360円
市営バス+南北線または東西線 340円 12,080円
市営バス+南北線+東西線 320円 11,320円

学都仙台フリーパス 仙台市営バス&仙台市地下鉄(全線乗降自由)

種別 1ヶ月
学割料金
3ヶ月
学割料金
市営バスのみ 5,940円 17,820円
地下鉄長町南駅→尚絅学院大学 11,080円 33,240円
南仙台駅西口→尚絅学院大学 12,260円 36,780円

※新学期に通学定期券を購入する場合は、学生証の裏面に「通学の最短区間」を記入してから申し込むこと。

通学定期券の発売所

発売窓口 定期券・乗車券
発売種別
営業時間
地下鉄仙台駅乗車券販売所 仙台市営バス
地下鉄
月~金
土・日・祝
7:30~19:30
9:00~17:00
仙台駅前西口案内所 宮城交通バス 全日 8:00~19:00
仙台駅西口バスプール案内所 仙台市営バス 月~金
土・日・祝
8:15~18:00
8:15~16:30
地下鉄長町南駅
乗車券販売所
宮城交通バス
仙台市営バス
地下鉄
月~金

日・祝
8:30~18:30
9:00~17:00
休み

JR

JRの定期券購入の際は、学生証の裏面が通学証明書となります。裏面住所欄を必ず記入してください。住所が変わった場合は新住所を書き、学生生活課で変更確認印を受けてください。

また、次のとおり、自分の居住地の最寄り駅が南仙台駅より北か南かで購入可能な区間が違います。

  • 南仙台駅より北から通う場合:仙台、長町、南仙台の3駅からの選択可能
  • 南仙台駅より南から通う場合:南仙台駅のみ

大学スクールバス(ラピバス)

指定学生寮を巡回するスクールバス(朝1便・夜1便運行)です。空席がある場合は、一般の学生も利用することができます。利用には整理券(10枚綴り・1,000円事務室入口の証明書自動発行機で購入)が必要です。

車両通学

車両通学を希望する学生は、「車両通学許可」を申請することができます。

過去1年以内に免許停止または免許取消の行政処分を受けていないこと、過去に行政処分を受けた場合は、処分期間終了後12ヵ月以上無事故無違反であることが申請の要件になります。

許可を得ている学生のみ車両通学できます。

申請書類(原本かコピー) 備考
車両通学許可申請書 学生生活課、学生ポータルサイトにてダウンロード
車両通学許可申請料納付書(3,000円) 証明書自動発行機にて購入
当該車両の車検証又は標識交付証明書 四輪車は車検証、二輪車は標識交付証明書
当該車両の自賠責保険証明書
当該車両の任意保険証券 保険期間と申請学生が保険の対象となっていることが分かるもの
申請者本人の免許証
  • 申請窓口:学生生活課
  • 申請日:毎週木曜日に申請を締切り、翌木曜日に発行(木曜日に事務の取扱いが無い場合は金曜日)

車両通学の許可と有効期間

車両通学規程に同意して申請を行った学生に対し、審査のうえ「車両通学許可証」を交付します。許可期間は交付日から最短の卒業年度の3月31日までです。但し許可証は「交通安全講習会」に出席し、学生生活課の認め印を受けたものに限ります。

車両通学規程概要

  • 許可証は、自動車の場合は入構時・駐車時にはダッシュボード上の守衛室から見やすいところに車両番号が見えるようにして提示し、バイクの場合はハンドルに吊り下げてください。
  • 学生用駐車場、駐輪場を利用してください。
  • 駐車場・駐輪場内での事故・破損・盗難等については大学では責任を負いません。
  • 毎年行われる「交通安全講習会」に出席する義務があります。
  • 学内及び学外で許可車両による事故が発生した場合や行政処分を受けたときには、すみやかに学生生活課に届け出てください。
  • 規程を遵守しない場合は学生懲戒規定の対象となることがあります。

車両通学について

  • 車両通学(原付・バイクも含む)を希望する場合は、許可申請を行ってください。車両通学は、許可車を除き一切認めていません。
  • 許可申請の手続きをとらずに(車種変更も同様)、地域住民等とのトラブルや事故が発生した場合は、自己責任となり学研災の保険の申請ができないなど不利益を被ります。
  • 車両通学許可を受けずにゆりが丘団地内の路上や公園駐車場、店舗の駐車場への迷惑駐車をしている学生が見受けられ、苦情が寄せられています。迷惑駐車・無断駐車は、社会的マナーの欠如でありルール違反です。本学の学生として恥じることのない行動をしてください。

通学上の注意事項

通学途上の交通事故が増加しています。ちょっとした油断や不注意、判断の甘さが大きな事故につながります。日ごろから交通ルールやマナーを守って事故を防ぎましょう。

自転車通学について
  • 学内に駐輪する際には学生駐輪場を利用し、必ず施錠・チェーン鍵をするなど自己責任で盗難防止に努めてください。
  • 駐輪場には、長い期間放置せず、留め置きの場合は許可を受けてください。
  • 自転車の違反行為には反則金制度はなく、3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金が科せられるなど、刑事処分の対象となるので充分注意してください。
送迎車両の乗降場について
  • 正門付近での駐停車、乗降は他車の通行の妨げになり危険なため、学生駐車場を利用してください。

関連リンク

  • 車両通学規程 (PDF)