キャリア支援体制

尚絅学院大学は、社会人基礎力を備えた人材を育成します

学生の皆さんは卒業後に社会へ出て、希望する組織のもとで働きたい、その職場でキャリアを積みたいと考えているでしょう。でも、キャリア形成=仕事上の成功、ではありません。職場、家庭、地域生活……幅広い環境において、それにふさわしい態度と能力育成が求められるのです。各学科で学んだ専門知識はもちろん、本学で培った豊かな人間性と教養を、社会でも生かさなくてはなりません。

本学では、このように社会で仕事をしていく上で必要な基礎的能力を「社会人基礎力」と捉え、学生の皆さん一人ひとりがこの力を育てていけるようサポートします。

経済産業省によると、「社会人基礎力」は「基礎学力」と「専門知識」を実践に生かす力と定義され、「前に踏み出す力」「考え抜く力」「チームで働く力」の3能力と、それを構成する12要素であらわされます。

「社会人基礎力」は誰もが備えていますが、12の能力要素は個人の性格や資質によって差があります。自分の「社会人基礎力」の強み・弱みに気づき、短所を克服し、長所を伸ばすように努めましょう。自分はどんな人間なのか、経験・能力・適性を客観的にとらえ、希望する職場で求められる能力と照らし合わせれば、いま取り組むべきことがわかるはずです。

社会で仕事をしていく上で必要な基礎的な能力

基礎学力  実践に生かす力  専門知識

Action

前に踏み出す力

失敗しても
粘り強く取り組む力

  • 主体性
  • 他人に働きかけ巻き込む力
  • 実行力
Thinking

考え抜く力

問題意識を持ち、
あきらめずに考え抜く力

  • 課題発見力
  • 計画力
  • 創造力
Teamwork

チームで働く力

目標に向けて、
他者と協力する力

  • 発信力
  • 傾聴力
  • 柔軟性
  • 規律性
  • 状況把握力
  • ストレスコントロール力