地域実践教育・地域連携活動

地域で学ぶ、地域を支える

尚絅学院大学では、「多様な学び」の実現に向けた柱の1つとして「地域で学ぶ、地域を支える」ことから「総合的人間力」の育成を行っています。地域の人々が暮らしを営んでいる現場で、人々の思いを汲み取り、他者とともに活動する。態度とスキルを「生きた学び」として身につけます。

また、「産学官や他大学との連携・協定」などを通して、本学の研究・教育を地域へ還元していきます。

授業や課外活動を通した地域での取り組み

地域について理解を深め、地域の課題と向き合い、自分たちが地域で何ができるか考えることは、実践力を養う機会となります。この考えから、地域と取り組む授業や課外活動を行っています。

各学科の実習や演習、インターンシップなどを通した授業、学科横断型で展開されている地域実践コースなどの「地域実践教育」などがあります。課外活動では、ハナモモ通信やボランティアステーションTASKIなどの「地域連携活動」があります。

また、東日本大震災後の名取市災害ボランティアセンターでの活動や名取市内を中心とした仮設住宅団地での寄り添い支援活動の経験から、学内に災害ボランティアや地域支援に関する情報が集まる「ボランティアステーション」を設置しています。

住民の主体的な学びを支援する

地域に貢献する大学として、住民のみなさんの生涯学習を支援しています。その活動を通して、教員も、学生も、社会とのかかわりを学びます。「エクステンションセンター」内に、「生涯学習センター」や「総合型地域スポーツクラブ絆」があり、さまざまな講座やスポーツ教室を展開しています。