尚絅学院大学

学長挨拶

夢に向かってはばたく

尚絅学院大学学長 合田 隆史

合田 隆史

尚絅学院大学学長

尚絅学院は、明治以来120年余にわたり、一貫してキリスト教精神を土台とする人間教育を行ってきた、伝統ある学園です。キャンパスを吹く風と時の流れの中で感じる、教職員や学生の間の身近な距離感は、その長い歴史の中で培われてきた、尚絅学院の独特のカラーとなっています。

しかし、それと同時に、尚絅学院大学は、2003年に男女共学の4年制大学として新しいスタートを切った、若い大学でもあります。本学は、教育理念として、尚絅学院の建学の精神に則り、「キリスト教の精神と豊かな教養によって、内面をはぐくみ、他者への愛と奉仕の心をもって、社会に貢献する人間を育成する」ことを掲げています。

そして、今もダイナミックに革新を続けています。2015年度の「環境構想学科」のスタートを機に、全学的な教育課程改革を行いました。それぞれの興味・関心に基づき、地域や職場、海外での体験などを通して実践的な知識や技術、行動力を身につけることができるよう「コース制」を導入し、さらに全学ラーニング・コモンズ化に向けて教育改革を続けています。

ここには、皆さんが努力次第で自分の可能性をのびのびと伸ばせる環境があります。緑に囲まれた美しいチャペルと学び舎の建つ尚絅の丘から、自由の翼を駆って、夢に向かってはばたこうとする皆さんを、その生涯にわたって私たちは力一杯応援していきます。

自由の翼=シンボルマーク

合田 隆史プロフィール

1978年3月東京大学法学部卒業。1982年12月The University of Michigan, Ann Arbor大学院修了。1978年4月文部省入省。文化庁次長、文部科学省科学技術・学術政策局長、同生涯学習政策局長を歴任。国立教育政策研究所フェロー。2014年4月より学長に就任。