尚絅学院大学

心理学専攻 臨床心理学コース

コースでの学び

1年次は講義、演習を中心に、クライエントを見立て(査定)、関わり通して援助していく(面接)ために必要な理論、基礎を徹底的に学びます。また、事例検討やスーパービジョンを通して、セラピストとしての在り方を探求します。

2年次は実習を軸に、実践感覚を養います。附属の実習棟「臨床心理相談室(ティクヴァ)」では、心理面接の陪席からはじまり、さらには教員の指導の下、大学院生がクライエントの心理面接、心理検査を担当します。また、学外実習では医療、教育、福祉、その他の施設で、現場の専門家の仕事に触れ、社会人、そして職業人として成長していくための準備をします。

心理学専攻臨床心理学コースは、

  • 公認心理師の受験資格が取得可能
  • 臨床心理士の受験資格が取得可能
臨床心理相談室(ティクヴァ)

附属の実習棟「臨床心理相談室(ティクヴァ)」

本学大学院の臨床心理学コースの教員および大学院生が、地域社会の様々なニーズに対応する、各種相談業務を実施しています。

教員紹介

心理学専攻主任 教授 川端 壮康 (かわばた たけやす)

反社会的なものから非社会的なものまで、様々な適応や不適応の意味や、それらからの回復過程について考えていきたいと思います。その際、個人という視点と、社会という視点の両方から、複眼的に問題を考えていくことが大切だと考えています。学生の皆さんは、後から振り返って後悔することがないよう、よく学び、よく遊んでください。

  • 担当科目:臨床心理査定演習Ⅱ、臨床心理面接特論
  • 主な経歴:東京少年鑑別所・川越少年刑務所等法務技官、仙台市いじめ問題専門委員会委員長
  • 専門分野:青少年の不適応行動、非行・犯罪、虐待・いじめ、対話精神療法

教授 三好 敏之 (みよし としゆき)

動作法では、「こころの不調はかならずからだの不調としてあらわれる」と仮説します。大学院では、動作法を体験し、体験治療のプロセスを自分自身で味わってもらいます。また、教育現場、障害者施設で一緒に実践し、自分自身をより高めて、からだとこころのつながりを感じて見て下さい。震災の心のケアも実践していきましょう。

  • 担当科目:障害者(児)心理学持論、臨床心理学査定演習、臨床心理実習、臨床心理面接特論
  • 主な経歴:東北医科薬科大学病院精神科心理士、障害幼児施設、保育園での発達相談、被災者の動作法でのこころのケア、南相馬市障がい者(施設)のこころのケア
  • 専門分野:動作療法、箱庭療法、夢分析、発達障がい児者支援

准教授 内田 知宏 (うちだ ともひろ)

厚生労働省が2011年に、これまでの4大疾患(がん、脳卒中、心疾患、糖尿病)に精神疾患を加え、5大疾患と位置づけるようになり、日本でもメンタルヘルスの重要性が認識されるようになりました。価値観の多様化、ライフサイクルや家庭環境、職場環境の変化等、揺れ動く時代の中でこころを元気に保つ方法を一緒に考えていきませんか。

  • 担当科目:臨床心理基礎実習、臨床心理面接特論、臨床心理実習、心理実践実習Ⅰ〜Ⅳ
  • 主な経歴:東北大学病院精神科心理士、宮城県私立高校スクールカウンセラー、みやぎこころのデザイン教育実行員会(SCOPE)副委員長
  • 専門分野:学校メンタルヘルス、認知行動療法、緩和ケア

准教授 渡部 敦子 (わたなべ あつこ)

人を支援するには相手の気持ちや考え方を知ることが大事とされていますが、他者を理解すること、共感することは思っているよりも難しいです。この難しさを知り、そのうえでどのように援助していけばよいのかについて、一緒に悩み考えていきましょう。

  • 担当科目:教育分野に関する理論と支援の展開、臨床心理学特論、臨床心理学面接特論
  • 主な経歴:静岡大学助手、関西福祉科学大学講師・准教授、福島学院大学准教授
  • 専門分野:対人恐怖心性、ブリーフ・セラピー、家族療法

講師 一條 玲香 (いちじょう れいか)

異文化適応は、決して海外出身者に限った問題ではありません。引っ越したとき、進学したとき、部署を移動したとき、親になったとき、それぞれの文化への適応を迫られます。人生は異文化適応の連続です。異文化適応とメンタルヘルスの問題を一緒に考えてみませんか。

  • 担当科目:臨床心理査定演習Ⅰ、臨床心理学面接特論、臨床心理学研究法特論
  • 主な経歴:仙台市発達相談支援センター心理判定員、宮城県公立高校SC、東北大学大学院教育学研究科助教
  • 専門分野:在住外国人のメンタルヘルス、災害後の心理支援

カリキュラム