尚絅学院大学

課外活動

Plum

2017/06/19

”学習支援や教材研究を通して、小学校教諭になるための知識や経験を深める”

活動内容

部活動紹介画像

「Plum」とは、主に子ども学科で将来小学校教員をめざす学生が組織している団体です。

主な活動内容は、大学内で行う「教科書教材を読む会」と、年2回の合宿(小学校での学習支援・放課後支援)です。

○教材を読む会
教材を読む会では、小、中学生の国語の教科書から発表者が一つ題材を選び、その題材の作者についてや、発表者による作品分析、まとめといった内容で資料を作成し、それについて皆で話し合うといったものになっています。
参会者は、発表者の資料に基づく発表を聴いて、質問をし、意見を述べます。1年生も3年生もみな同じ立場で話し合います。
参会者全員が共有できることを基本にしていて、「ささいだなと思われる質問」でも「失礼かなと思われる意見」でも、みんなで真剣に考え、議論し合います。

○合宿
今年は、2月13日から15日まで、登米市立横山小学校と登米市立柳津小学校で活動してきました。この期間は、登米市内の宿泊施設に泊まり、小学校での学習支援や放課後支援をしながら小学生と終日関わってきました。実際に現場に行って体験することで得られることは多く、今回の合宿でもたくさんの気づきや学びを得ることができました。

部活動紹介

部活動紹介画像

【活動日と時間】
 月曜日 17:40~ (前期)

【場所】
 4-106教室

 

年間スケジュール

4月~2月
 教材を読む会

8月
 夏期合宿

2月
 2泊3日学習支援合宿