尚絅学院大学

学校教育学類 在学生と卒業生に聞く 成長へのプロセス

小学校教員
を目指す、ワタシの今。

在学生

今野 一歩さん
学校教育学類(宮城県 仙台西高校出身)
授業を通して特別支援教育に興味を抱いた。子どもの主体性を引き出せる教員になりたいと心から願っている。

幅広い知識と経験が自分自身を強くしてくれる

得意分野を持った小学校教諭になれることに魅力を感じて選んだのが学校教育学類です。小学校教諭の免許だけでなく、元々興味のあった中学校保健体育、特別支援学校教諭の資格を取得することができる。それらはきっと将来、小学校教諭になる際に自分の強みになると確信しています。また広く多くの知識や経験を身につけられることは、学校現場での適応力にもつながるはず。日々の学びが自分自身の成長を加速させていることを実感し、大学生活が本当に楽しいです。

行動子どもたちの主体性を引き出せる小学校教員に

1年次に、小学校、中学校、特別支援学校を見学させていただきました。現場の先生方のお話を伺い、教員になりたいという想いがさらに強まりました。今は、子どもたちの個性を理解するため障がいについて特に力を入れて学んでいます。

目標とするのは、子どもたちの主体性を引き出せるような小学校教員です。様々な個性を持つ子どもたち一人ひとりが、成功体験を重ねていく中で学ぶことの楽しさを知り、主体性を持てるような環境と授業づくりを行っていきたいです。

目標

小学校教員
として奮闘する、ワタシの未来。

卒業生

山田 優花さん
2020年度卒業(宮城県 仙台育英学園高校出身)
川崎町立川崎小学校で2年生の担任を受け持つ。児童との毎日のふれあい、保護者の方の言葉が力になっている。

さらに成長大学での学びが現場で活かされる

「優花先生!」と話しかけてくる児童たちの表情や勉強が分かった時の顔を見ることが一番のやりがいです。悩みを聞いて解決策を一緒に探したり、ピアノを一緒に弾いたり、現場の様々なシーンで大学の学びが役立っています。教職課程センターの先生方と、いろいろなお話をしたことも良い思い出です。また、所属していた民俗舞踊クラブでの知見を活かし、日本文化の魅力を児童に伝える活動にも力を入れています。

中学校教員
を目指す、ワタシの今。

在学生

渡辺 剛央さん
学校教育学類(秋田県 能代高校出身)
中学校の教員になりたい。その志は変わらない。教育に関する諸問題にも積極的に向き合っている。

教育課題に対する自分自身の視点を持っていたい

中学校の国語科の教員免許を取得するために本学を選びました。多くの卒業生の方が活躍していることも魅力でした。授業では様々な教育問題から現代の課題を考えるものがいくつかあり、その思考プロセスを通して大きく成長できたように感じています。日頃から課題意識やそれに対する自分自身の視点、考えを持つことは、学習指導要領や一般教養と同じくらい教員にとって必須の側面です。そのためにも、歩みを止めることなく成長していかなければと思っています。

行動国語科教員への学びに打ち込める充実した毎日

特に力を入れているのは専門科目の学習です。小説の細かな読み方、模擬授業を行うための知識など、中学校の国語科教員として必要な力を身につけるため、一つひとつの授業や復習に全力で取り組んでいます。また、フィールドワークで多くの地域の小中学校の校長先生や現場の先生方の講話を伺う機会もありました。各学校の教育方針や目指している児童生徒像などを知ることができ、現代の学校に求められる力を理解すると同時に、より一層教員への想いが高まる経験となりました。

目標

小学校教員
として奮闘する、ワタシの未来。

卒業生

安住 登武さん
2019年度卒業(宮城県 石巻西高校出身)
多賀城市立多賀城小学校教諭。1年生の担任を受け持ち授業を行うかたわら、日々研修に励み、指導技術や生徒たちとの関わり方を学び続けている。

さらに成長適性と想いを強く意識できたことがターニングポイントに

小学校教員を目指して入学しましたが、児童自立支援施設での業務経験をきっかけに目標が揺らいだ時期がありました。とても充実した経験だったからです。そんな私の背中を優しく押してくださったのは、教職課程センターの先生方。各種講座に参加するなかで自分自身の適性や想いを再確認し、小学校教員になることをあらためて決意しました。保護者の方からいただく感謝の言葉を糧に今、日々がんばっています。

※在学生・卒業生のコメントは、現行カリキュラムの内容となっています。