尚絅学院大学

子ども学類 お知らせ

夏雲日記 vol. 1 (オオムラサキ・リターンズ)

2020/07/31

オオムラサキ(Sasakia charonda) タテハチョウ科

 
 6月にオオムラサキの飛翔を確認して以来、雨の日が続いています。一ヶ月になるのに梅雨が明けません。オオムラサキに魅せられた学類蝶(長)は、毎日バルコニーで立っていますが、あれ以来、姿を現しません。

上空監視中のオオムラサキ♂

上空監視中のオオムラサキ♂

 一日だけの梅雨の合間の青空、7月25日正午、エノキ上空を滑空する機影を発見! それを追って急上昇、迎撃に向かう機体。さらにもう一機。この日は3頭によるドックファイトが繰り広げられました。

鮮やかな紫の鱗粉もかなり落ちています

鮮やかな紫の鱗粉もかなり落ちています

 鱗粉も落ち、翅も傷んでいるところを見ると、6月からの長雨の中、梢の葉の下でじっとして青空を待っていたのでしょう。