尚絅学院大学

子ども学類 在学生と卒業生に聞く 成長へのプロセス

保育士
を目指す、ワタシの今

在学生

千葉 祐輔さん
子ども学科(宮城県 古川高校出身)
男性保育士が働きやすい環境を作りながら子どもの成長に関わっていきたいと意気込む。

積極性は本学科の充実した学びのおかげ

高い就職率と実践的な講義に惹かれたことが本学を選んだ理由です。入学して私自身、大きく変わりました。主体的かつ積極的に行動できるようになったのです。子どもたちの声に耳を傾けたり、表情や行動から状態を読み取る力も向上したように感じています。それはまさに、本学科の充実した学びのおかげ。多くの人と関わっていくなかで、自然とコミュニケーション能力が養われ、自信になっていったのかもしれないです。

保育士への想いがさらに揺るぎないものに

保育所実習や施設実習、幼稚園実習は失敗もしたり大変でしたが、本当に勉強になりました。子どもたちの様子だけではなく、先輩保育士の方々の言葉だったり動きだったり、現場全体を肌で体感できたことで、講義で学んだ知識をより深いものにすることができたと思いますし、保育士への想いもさらに揺るぎないものになりました。これからも男性保育士に求められている役割や課題について研究を続け、将来に役立てていきたいです。

目標

保育士
として奮闘する、ワタシの未来

卒業生

熊谷 弥生さん
2016年度卒業(宮城県 多賀城高校出身)
社会福祉法人宮城厚生福祉会 乳銀杏保育園で子どもたちの成長に関わる毎日。

ずっと憧れてきた保育士の仕事先生方の的確なアドバイスが大きな支えになりました

子どもたちの体調に配慮するとともに、さまざまな遊びを考えながら日々を一緒に過ごしています。仕事で忙しくされている保護者の方も多いので、送迎時などのタイミングを見て保育園での様子をお伝えしたり、家庭での様子を伺ったりしています。大学在学中から憧れ目指してきた保育士という仕事。先生方にはいつも的確なアドバイスをいただき、そのすべてが大きな支えになりました。

保育士
を目指す、ワタシの今

在学生

尾本 茜さん
子ども学科(宮城県 仙台南高校出身)
卒業後は仙台市の公務員保育士に。子どもたち一人ひとりに寄り添える保育士を目指す。

大学での学びのすべてが自分の礎に

小学生の頃からの夢が今、目の前にある。心からワクワクしています。失敗したり落ち込んだりもしたけれど、大学での学びのすべてが自分の礎になっています。同じ目標を持つ仲間ががんばっている姿も、大いに刺激になりました。先生方にも頻繁に相談に乗っていただきました。入学して、新しい自分になれた気がします。そして経験すること、挑戦することの重要さを実感し、積極的になれたことも、大きな財産になっています。

子どもたちの無邪気な笑顔がパワーをくれた

幼稚園実習は公務員試験と重なる時期だったので、精神的につらいものがありました。そんな私にパワーをくれたのが、子どもたちの無邪気な笑顔でした。本当に良い経験でした。卒業論文では、絵本の楽しさと子どもの発達について研究しました。私自身、絵本が大好きなので、絵本を通して子どもたちと楽しく関われるよう、力を入れて取り組みました。これからも学ぶ姿勢を忘れずに、子どもたちの成長を見守っていきたいです。

目標

保育士
として奮闘する、ワタシの未来

卒業生

佐藤 優美さん
2017年度卒業(岩手県 一関第二高校出身)
蒲町保育所で0歳児6人の担任を受け持ちながら、さまざまな業務に携わる。

子どもたちと一緒に笑い合える瞬間に、心から幸せを感じられたんです

保育士を目指して入学しましたが、講義を受けるなかで小学校教諭に魅力を覚えたり、韓国語の勉強に力を入れたり、保育士以外の道を考えた時期も正直ありました。でも、やはりこの仕事以外考えられなかった。実習で関わった子どもたちと一緒に笑い合える瞬間に、心から幸せを感じられたからです。その思いは今でも変わりません。この先も、たくさんの笑顔と出会っていきたいと願っています。

※在学生・卒業生のコメントは、現行カリキュラムの内容となっています。