尚絅学院大学

ワタシが伝えるありのままの尚絅

サークル活動って夢中になれますか?

サッカーも、新入生との交流も、
楽しいから続ける。

学生生活を充実させるなら、
サークル活動はオススメです。

人間心理学科 吉田 叡史
(宮城県 仙台東高校出身)

日向小次郎ではないですが、遊びじゃないんですよ。私が所属する男子サッカー部が目指すのは、大会で上位に進出すること。練習は週2回と回数こそ少ないですが、メニューを工夫したり、集中して取り組むことで最大限の効果を狙っています。普段は上下関係がなく、和気あいあいとしています。でも、練習や試合に入れば即スイッチオン。自分で言うのも何ですが、切り替えはうまいんじゃないかな。私はもう一つ、各団体の代表者で構成されるクラブ幹事会という組織にも所属しています。活動の軸は、新入生と在校生の交流。「新入生歓迎オリエンテーション」というイベントの企画運営にも携わりました。また男子サッカー部では、大学の連盟と連携して大会運営の事務作業を行ったこともあります。忙しい毎日ですが、代表や幹事長といった役職を経験し、責任感や統率力が身についてきたようにも感じています。学生生活を充実させるなら、サークル活動はオススメですね。

学科や学年を超えた関わりが財産になる!

挑戦心が刺激され、一人の人間として成長できる

 私にとってサークル活動の魅力は、学科や学年を超えた関わりが増えることで視野が広がり、学校生活が楽しくなること。そして挑戦する意欲が刺激され、結果として一人の人間として成長できること。きっと大きな財産になると思っています。