尚絅学院大学

健康栄養学類 在学生と卒業生に聞く 成長へのプロセス

管理栄養士
を目指す、ワタシの今。

在学生

土屋 空乃さん
健康栄養学科(宮城県 仙台南高校出身)
献立作成のスキルを磨いている他、大量調理に関する学び、高齢者に関する臨床栄養学に特に力を入れ学習中。

知識を鵜呑みにせず、本質から理解する

管理栄養士国家試験で毎年高い合格率を誇り、保育士として長年にわたり働く母の出身校でもあることから本学を選択しました。多様な授業や臨地実習を通じてあらためて実感したのは、管理栄養士の業務がすべて明確な根拠に基づいて行われているということです。対象者に誤った情報を伝えないのは特に重要なことです。そのため日々の学習においても、知識をただ鵜呑みにするのではなく、その根拠をしっかりと調べ、本質的な部分から理解するよう心がけています。

行動命を預かっているという責任の重さを感じて

保育園での臨地実習では、給食の調理に参加したり、子どもたちの食事の様子を観察した他、実習最終日には子どもたちへの栄養教育を行いました。保育園給食における衛生管理が、マニュアルに基づいて厳しく行われていることを学ぶと同時に、未来の光である子どもたち一人ひとりの命を預かる責任の重さも感じました。健康栄養学科での学びの成果を、目指している児童福祉施設や高齢者福祉施設の栄養管理の現場で発揮したいと考えています。

目標

商品企画担当
として奮闘する、ワタシの未来。

卒業生

熊谷 美咲さん
2018年度卒業(宮城県 仙台三桜高校出身)
白石食品工業(株)勤務。市場情報の収集やデータ分析、消費者調査などを行い、さまざまな自社ブランド商品を企画。

さらに成長授業での学びはもちろん多くの経験や時間が今の自分に繋がりました

食品メーカーを志望したのは、「食で多くの人を幸せにしたい」という想いからです。お客様から弊社商品へのお褒めの言葉をいただいた際に、大きな喜びと達成感を覚えます。授業で学んだ食品やマーケティングに関する知識はもちろん、直接的に関係がなさそうなことでも、大学での経験や時間が今の自分に繋がっています。

栄養教諭
を目指す、ワタシの今。

在学生

山口 慧祥さん
健康栄養学科(秋田県 増田高校出身)
料理をすること、子どもとふれあうことが好き。オープンキャンパスで大学の雰囲気に魅力を感じ入学。

管理栄養士への理解がますます関心を高める

入学して、管理栄養士に関する理解の深まりを実感しています。授業や実習から得られる知識はもとより、実際の現場で管理栄養士の仕事を見学させていただく機会もあり、ますます関心が高まっています。単に栄養を考え、献立を作成するだけではなく、管理栄養士の責任の大きさや他職種との関係性についてなど幅広く学ぶことができました。食は人間の生活に絶対になくてはならないもので、一人暮らしをしていることもあり、その重要性が身に染みて分かります。

行動形になった献立に感動 人間性も養っていきたい

給食経営管理実習では、1食の献立を班の全員で協力し、栄養・食事計画、食材管理、生産管理、衛生・安全管理、提供サービスなどさまざまなことを考え、調理しました。大変なことばりでしたが、自分たちの献立が実際に形になったことがとても感動的で、あらためて食に携わることへの憧れを強くしました。管理栄養士の国家試験、栄養教諭取得に向けた勉強にさらに力を入れるとともに、児童・生徒の食育を推進できる人間性も養っていきたいと思います。

目標

管理栄養士
として奮闘する、ワタシの未来。

卒業生

早坂 健史さん
2016年度卒業(宮城県 古川高校出身)
東北大学病院勤務。診療技術部栄養管理室に所属し、入院患者の栄養アセスメント、栄養指導などを担当。

さらに成長臨地実習で意識した思いを今も胸に抱きながら患者さんのために

管理栄養士への興味、看護師として働く母への尊敬の念から、医療分野で患者さんのために貢献したいとの思いを持ちました。その気持ちをより強く意識したのは、在学中に参加した病院での臨地実習です。管理栄養士が一人の患者さんのために試行錯誤し、奔走する姿にふれ使命感を抱いたのです。夢を叶えた今、人体の構造や食品衛生、給食経営管理など、大学で学んだ専門知識が幅広く必要になることを実感しています。

※在学生・卒業生のコメントは、現行カリキュラムの内容となっています。