尚絅学院大学

子ども学類 お知らせ

子ども学類開設記念・映画「あの日のオルガン」上映会のご案内

2019/10/14

チラシ

チラシ

2019年度、尚絅学院大学子ども学類の開設を記念して映画「あの日のオルガン」の上映会をいたします。
この素晴らしい映画を共に鑑賞することで、保育とは何か、そして、平和とは何かを深く考える機会にしたいと思います。

12月21日(土)尚絅学院大学にて上映

日 時:2019年12月21日(土)9:30〜12:00

場 所:尚絅学院大学 5E講義室(名取市ゆりが丘4-10-1)

入場料:高校生・大学生無料、一般(800円のご協力をお願いします)

丹野広子氏によるミニトーク

映に先立ち、本学非常勤講師で前乳銀杏保育園園長の丹野広子氏に、当時の時代背景と保育について短くお話ししていただきます。映画のモデルになった保育者たちと研究会活動をしていた尚絅女学校専攻部保姆科1期生(1936年入学)の阿部和子先生の保育者としての歩みにも触れていただきます。

丹野先生のミニトークを受け、映画を鑑賞することで、保育とは何かを深く考える機会にできればと企画いたしました。現役の保育者はもちろんのこと、これから保育士・幼稚園教諭を目指す学生、高校生のみなさまにも多数ご来場いただくことを切に願っています。

キャストは戸田恵梨香、大原櫻子、佐久間由衣など

〈概要〉

1944年の東京。20代を中心とした若手保母たちが、国の決定を待たず、日本で初めて園児を連れての集団疎開を敢行した。いわゆる「疎開保育園」の事実はあまり知られていない。これは、幾多の困難を乗り越え、託されたいのちを守りぬこうとするヒロインたちの奮闘を描いた真実の物語。大切ないのちを未来へつなぐことを願い、毎日を必死で戦った保母たち。強い信念で時代を切り拓いていった彼女たちの生き様は、時を越えて今を生きる我々を魅了し、大きな勇気と希望を与えてくれる。

主演は、目覚しい活躍を続ける実力派女優・戸田恵梨香と、女優・歌手としてフィールドを広げる大原櫻子。また、今後の映画界を牽引する期待の新鋭俳優たちが共演し、林家正蔵、夏川結衣、田中直樹、橋爪功ら日本を代表する俳優たちが脇を固める。メガホンをとるのは『ひまわりと子犬の7日間』の監督であり、長年山田洋次監督との共同脚本、助監督を務めてきた平松恵美子。


配給: ジャパン・スローシネマ・ネットワーク
配給協力:マンシーズエンターテインメント

©2018「あの日のオルガン」製作委員会

 催:尚絅学院大学子ども学類開設記念「あの日のオルガン」上映実行委員会
後 援:尚絅学院大学、尚絅学院大学教職課程センター、尚絅学院大学子ども発達支援センター、尚絅学院大学附属幼稚園
問合せ:尚絅学院大学 〒981-1295名取市ゆりが丘4-10-1 東(ひがし) higashi@shokei.ac.jp 0223813369

関連リンク