尚絅学院大学

教育方針

本学では、教育目的を達成するために、アドミッションポリシー(入学者受け入れの方針)、カリキュラムポリシー(教育課程編成の方針)、ディプロマポリシー(学位授与の方針)を以下のように定めています。

アドミッションポリシー

AO入試

本学でAO入試を実施している学科(表現文化学科、人間心理学科、現代社会学科、環境構想学科)で学べる内容に対して強い興味・関心を抱き、入学してからの明確な学習意欲を持っている人を求めます。自分の意欲や考えを明確に表現したエントリーシートの内容と与えられた課題をもとに、学科の教員による2回の面談の後、尚絅学院大学および学科の求める学生像との適合性、並びに大学における学びへの適合性などを総合的に判定します。

表現文化学科 文芸、映画、博物館、マンガ、アニメ、演劇、放送、写真、インターネット、地域のイベントなどの表現について関心を持ち、大学での学びを通じて、その関心を具体的 な表現活動に結びつけていくことに強い意欲をもつ人を求めます。面談を通して、学科の学びへの意欲、学修目標の明確さ、コミュニケーション能力などを判断します。
人間心理学科 本学科で学ぶ内容(人間の心を幅広く・深く捉えること)に、強い学習意欲を持つ人を求めます。また、入学後は、主体的に学ぶとともに、目標を見つけて、それに向かって行動を起こしていける人を求めます。
現代社会学科 本学科で学ぶ意欲を高く持ち、現代社会の動きに強い関心を払い、自分の考えや意見を積極的に述べることができる人を求めます。また、入学後は学業に専念するだけでなく、自分の目標に向かって、主体的に活動できる人を求めます。
環境構想学科 本学科の専門分野(地域環境、生活環境、都市環境)に対する関心と学習意欲を強く持つ人を求めます。そして入学後は、目標に向かって能動的に学び、学業に専念するだけではなく幅広い視野を持って主体的に活動できる人を求めます。

推薦入試

高校時代に各教科で満遍なくしっかりとした基礎学力を身につけ、本学に入ってからの学習意欲や目標を明確に持っている人を求めます。基礎学力試験(科目または小論文)、高校時代の特別活動や各種の活動、および面接により尚絅学院大学および学科の求める学生像との適合性、並びに大学における学びへの適合性などを総合的に判定します。

表現文化学科 基礎的な理解力・読解力・表現力を身につけており、社会に関心を持ち、他者の気持ちに配慮できる共感性や協調性をもった人を求めます。基礎学力試験と面接を通して、学習状況、課外活動への取り組みなどを判断します。
人間心理学科 人間の心を幅広く・深く捉えることに深い関心があり、そのために必要な基礎学力を身に付けた人を求めます。面接や作文で、問われた内容を理解したうえで、自分の意見や感じたことをしっかりと説明できる力を重視します。
子ども学科 学習・実習に適合できる基礎学力と子どもを念頭に置いた対人業務への適性を重視します。
現代社会学科 現代社会について興味関心があり、学びへの確かな意思と意欲を持ち、本学科において適切で明確な学びの目標を持ち、継続的に学ぶ力を有する人を求めます。なお、面接では、自分の考えや意見を明確に伝えることができる人を求めます。
環境構想学科 本学科の専門分野(地域環境、生活環境、都市環境)を学びたいと強く希望し、高校生活において学習および課外活動に積極的に取り組み、入学後も能動的に学び、学業以外でも環境にかかわる様々な活動に積極的に取り組む意欲のある人を求めます。
健康栄養学科 理科、特に化学と生物に対する十分な基礎知識を備えている人を求めます。栄養士・管理栄養士には、人に伝える力も求められます。このため、面接では、大学での学習意欲や目標に加え、コミュニケーションの力等についても重視します。

一般入試・大学入試センター試験利用入試

各学科の専門分野に興味があり、学科が指定した教科・科目を受験し、専門分野を学ぶためのしっかりとした基礎学力を持っている人を求めます。グローバルな視点に立って国際的に活躍できる人材の育成をめざし、一般入試およびセンター試験利用入試(いずれもA日程)では各学科とも英語を必須としています。

表現文化学科 「言語文化」「視覚文化」「地域文化」の各分野について総合的に学ぶための学力を持つ人を求めます。特に、学科での学びのために必要不可欠な国語については、一般入試(A日程)、センター利用入試(A・B日程)で必須科目としています。大学入試センター利用入試(C日程)では、英語または国語を必須科目としています。文章読解能力と論述力を判定するために一般入試(B日程)では小論文を、一般入試(C日程)では記述試験を課しています。
人間心理学科 本学科での、人間の心や行動のメカニズムや法則性および個別性を解明したり、人間理解の多様性を会得したりするための学習に必要な学力を身に付けたい人を求めます。特に、日本語や英語の文章の読解力を重視します。
子ども学科 一般入学試験(A日程)、大学入試センター試験利用入試(A日程)では、学習・実習に適合できる学力と対人業務に必要な語学力を重視します。一般入試(B日程)では、学習・実習に適合できる学力と表現力があり、子どもを念頭に置いた対人業務への適性を重視します。大学入試センター試験利用入試(C日程)では、学習・実習に適合できる学力と対人業務に必要な語学力、ならびに積極的学習態度を重視します。
現代社会学科 一般入試(A日程)および大学入試センター試験利用入試では、本学科の学際的な専門教育に適応しうる能力を持ち、特に優れた学力を持つ人を求めます。一般入試(B・C日程)では、読解力・論理的思考力・文章表現力をもち、主体的に学ぶ意欲を有する人を求めます。
環境構想学科 環境問題をとらえるための多領域にわたる専門教育を学ぶために必要な基礎的学力と理解力を持つ人を求めます。一般入試(A日程)、大学入試センター試験利用入試では、学科の教育内容の学際性に合わせて、幅広い科目(英語・国語・地歴・公民・理科・数学)で受験できます。一般入学試験(B・C日程)では、読解力と論述力を判定するために小論文または記述試験と面接を課しています。
健康栄養学科 健康栄養学科での学びの基礎となる理科について少なくとも化学と生物のいずれか一つを選択することを受験の必須の要件とします(一般入試A日程、センター試験利用入試AおよびC日程)。また、コミュニケーション能力や論理的な思考力も大切であることから、一般入試(A日程)および大学入試センター試験利用入試(A日程)では、文章や言葉を理解し人に伝える能力を評価するため国語を、また論理的思考力や計算力を評価するため数学をそれぞれ選択科目とします。一般入学試験(B日程)では多様な情報の整理と展開力、基礎的な知識(化学基礎・生物基礎の内容を含む)。論理的思考・発想力、表現力などを総合的に評価するための小論文に加え、書類審査および面接を課し多面的に評価します。センター試験利用入試(C日程)では、センター試験による学力評価に加え、書類審査を課します。

特別選抜入試

本学は、多様な人材を受け入れることにより活気ある大学となることをめざし、大学で学ぶ明確な目的と強い意欲および能力を有する人に対し、以下の特別選抜入試を実施します。

外国人留学生

21世紀の地球社会に貢献できる真の国際人を育成するという方針に基づき、日本をはじめとした他国の文化・習慣に強い関心を持ち、本学での学習等に明確な目的と強い意欲および能力を持っている人を求めます。

特に、本学における学習等に対する適応力を確認するため、日本留学試験で学科が指定した科目の成績の提出を求めます。さらに、小論文および面接により、学習への目的・意欲および本学での学びに対する適応性について総合的に判定します。

社会人

生涯学習の時代を迎え、大学教育に関心を持つ社会人が増加しています。これまでの社会人としての経験を通し、大学での学びに対して強い関心を持つようになり、本学でそれを実践したいという強い意欲と能力を持っている人を求めます。

試験では、小論文および面接により、社会人入学生としての学習への目的・意欲および本学での学びに対する適応性について総合的に判定します。

スポーツ

スポーツにおいて特に優れた技量や指導力を有する人で、在籍高等学校長から推薦され、本学での学習等に明確な目的と強い意欲および能力を持っている人を求めます。

帰国生徒

保護者の海外勤務、その他の事情により外国の学校教育を受け、日本に帰国し、本学での学習等に強い目的・意欲および能力を持っている人を求めます。

試験では、小論文および面接により、学習への目的・意欲および本学での学びに対する適応性について総合的に判定します。

同窓生親族・キリスト者等

本学院の建学の精神や教育理念を深く理解し、本学院同窓生の子どもや孫、あるいはキリスト者であり、本学での学習や本学院の伝統の継承等に明確な目的と強い意欲および能力を持ち、尚絅学院大学のキリスト教活動に積極的に参加する意志のある人を求めます。

試験では、小論文および面接により、学習への目的・意欲、および本学での学びに対する適応性について総合的に判定します。

編入学試験

大学、短期大学、専門学校、あるいは専修学校等で2年以上の学修を積み、さらに尚絅学院大学で学びを深めることに対する明確な目的と強い意欲および能力を持っている人を求めます。

最終学校(見込みを含む)の取得単位・成績等、小論文および面接により、学習への目的・意欲および本学における学びに対する適応性について総合的に判定します。

また、子ども学科では幼稚園教諭二種免許状の取得(見込みを含む)を出願の要件とします。

転入学試験

修業年限2年以上の大学で1年以上の学修を積み、さらに尚絅学院大学での学びを深めることに対する明確な目的と強い意欲および能力を持っている人を求めます。

既修得単位(見込みを含む)・成績等、小論文および面接により、学習への目的・意欲および本学における学びに対する適応性について総合的に判定します。

カリキュラムポリシー(教育課程の編成・実施の方針)

共通教育の到達目標を達成するため、教育課程を以下の4つの区分に分けて編成しています。

尚絅コア
いわゆる自校教育(建学の精神、キリスト教)を中心とした科目を配置しています。
リベラルアーツ
現代社会と人間、あるいは人間と自然との関わりを複眼的な視点で捉えることができるよう、種々の学問的アプローチを講義する科目を配置しています。幅広い分野の履修を促すため、思想と文化、地域・国際理解、人間と社会、人間と科学、総合の分野に分けて履修要件を設定しています。
キャリアライフデザイン
キャリア教育の目的を、内定獲得までの「就活」に限定することなく、長期に渡るライフデザインにも対応できるように位置づけ、この区分に心と体の健康を維持するための知識修得、スポーツを通した実践も含めた自己管理能力を養う科目を含めて、一人ひとりのキャリア形成と生活に関する科目を配置しています。
コモンベーシックス
グローバル化する社会の中で必要とされる知識とコミュニケーション能力を身につける「言語コミュニケーション科目」と、大学での学びを深めるための汎用的知識とスキルを獲得する「アカデミックリテラシー科目」を配置しています。

専門教育のカリキュラム・ポリシー:各学科

表現文化学科
ディプロマ・ポリシーに掲げた到達目標達成のため、専門教育科目を以下のように編成しています。
まず、人間の表現行為に関わる文化についての基礎知識を学ぶための概論的な科目群「専門基礎科目」を配置します。ついで、プレゼンテーション力を含めた基礎的な表現能力を獲得するための「メディア表現科目」、言語文化・視覚文化・地域文化の3分野に収まらない領域横断的な科目群として「表現文化総合分野」を置きます。また、言語文化・視覚文化・地域文化の歴史と構造についての知識を取得し、その知識に基づく表現能力を獲得するための科目として、「言語文化分野」「視覚文化分野」「地域文化分野」の科目群を置きます。さらに、選択した一分野における高度な表現能力と知識を身につけ、学生自身が実社会との関わりを視野に入れつつ探求を深めるための「卒業研究」を置きます。学科で取得可能な資格は、どの分野の「卒業研究」を選択しても取得できます。
人間心理学科
ディプロマ・ポリシーに掲げた到達目標達成のため、「専門基礎科目」群、「専門展開科目」群それぞれに心理学系科目・人間学系科目が平行して配置されており、それぞれの研究方法論もここで学びます。最後に「専門総合科目」(「人間心理学専門演習」「卒業研究」)で学びを完成します。また両分野の個別性・専門性と同時に融合可能性も考えるため人間心理学入門、人間心理学特別講義などの新設科目もあります。教育方法の面では、少人数形式の実習・演習・ゼミからグループダイナミックスの授業、双方向性を基本とした授業運営、フィールドワークなどの体験型学習、研究報告・発表におけるパソコン機器やメディア機器活用によるプレゼンテーション、「観察・実験・検証」「読む・書く・話す」(実験・実習、調査・データ解読、原典・文献読解・作文)が徹底された授業を行います。以上の諸科目に人間心理学科としての単位を設定しています。なお、単位取得外として学科独自の就職支援講座(プロのスタイリスト招聘による「セルフプロデュース講座」)を実施しています。
子ども学科
ディプロマ・ポリシーに掲げた到達目標達成のために、専門教育科目を以下のように編成します。
学科の教育研究の主要分野である「子どもの心理と健康」「子どもの福祉」「子どもの保育と教育」そして「子どもの文化と社会」に対応した科目と、これらの4分野(4つの柱)の教育を統合化するための科目である「総合科目」から構成し、これらの分野の学修に必要な基礎的知識の習得と演習を「専門基礎科目」に配置します。
また、小学校教諭一種免許状、幼稚園教諭一種免許状、保育士資格取得のための「資格関連教育科目」も学科専門教育科目の中に位置づけます。さらに「子どもの専門家」にふさわしい識見と実践力、倫理観を培えるよう、学習の目的に沿って科目の選択的履修を重視したカリキュラム編成とします。さらに、2015年度より2年次からのコース制を導入しました。これにより学生が将来の進路と資格取得へ向けて、自覚的意欲的さらには継続的に取り組むことを助けます。コースは、「初等教育コース」(小学校教諭一種免許状・幼稚園教諭一種免許状の取得を目指す)と「幼児保育コース」(保育士資格と幼稚園教諭一種免許状の取得を目指す)の2つから成ります。1年次に共通教育科目ならびに専門基礎科目をしっかり学び、また、初期現場研修(附属幼稚園や地元の保育所・幼稚園・小学校での研修)を通して保育・教育現場で働くイメージを持ってコース選択に臨み、高いモチベーションを維持しながら意欲的継続的学習を促します。さらに、尚絅の伝統としてきた音楽と英語に強い、感性豊かで国際感覚をもった保育・教育者の育成に取り組みます。最後に、他学科の協力を得て、「他学科専門科目」を履修することにより子どもをより広い視野をもって科学的・総合的に理解できるようにします。
現代社会学科
ディプロマ・ポリシーに掲げた到達目標達成のために、専門教育科目を以下のように編成します。
学生が生きている現代の社会を解明し、そこで生じている問題を解決するための方途を探り、主体的に現代社会と関わることのできる学生を育成するために、社会学、経済学、政治学、法律学、経営学、福祉学、情報科学、スポーツ科学などの社会諸科学を総合的かつ相関的に学ぶことのできるカリキュラムを構成します。
東北に力点をおきながら、現代社会の諸事象とそこに生じている問題を解決できる学生を育成するとともに、東北の社会で活躍できる人材育成のためのカリキュラムを構成しています。
科目区分の構成は、現代社会の理解のために必要な社会諸科学の基礎的理論内容を理解するための「専門基礎科目」と現代社会の諸相を多面的かつ総合的に理解し、そこでの問題解決能力を身につけるための「専門科目」を、また、学生が「社会人」としての基礎力を身につけるための科目として「社会人生活科目」から構成しています。
「専門基礎科目」として、現代社会論、法学概論(日本国憲法)、社会学概論、経済学概論、共生社会論などを置いています。「専門科目」の中に、1)「東北社会」、2)「日本社会」、3)「国際社会」の3つの領域に関する科目を置くとともに、「社会人生活」には、「社会人」として必要な基礎力を身につける「社会人生活」科目を置いています。
環境構想学科
ディプロマ・ポリシーに掲げた到達目標達成のために、専門教育科目を以下のように編成しています。
環境構想学科の教育課程は、その教育の中心を「東北の環境」の構想に据え、文系・理系の枠にとらわれない複合的な環境問題の背景とその発生メカニズムを理解し、そこで生じている問題の解決に貢献することができる人材を育成するために、専門的・複合的・実践的なカリキュラムを構成しています。それを実行するために、これまではなかった環境経済学を中心とした社会科学的分野の科目を新たに開設しています。
学科の学びへの導入である「環境構想論」や複合的な性質を持っている環境問題を文理の枠を超えて理解するための「環境と社会」「環境と科学」などを配した「学科共通科目」を設けています。
ついで、環境問題の発生メカニズムの理解とその解決の道筋を探求し、持続可能な社会を構想するための具体的な教育研究分野として①地域環境コース、②都市環境コース、③生活環境コースを設け、それぞれに「専門科目」を配しています。また、それぞれの専門分野で学んだ専門知識を現実の環境問題の解決に向けて総合化する「総合科目」として、実践型・参加型の学習機会を重視したProject-Based Learning(PBL)を基本とする「環境構想プロジェクト演習」と「卒業研究Ⅰ・Ⅱ」を配し、東北地方における自然環境や社会環境の課題に総合的に取り組み、持続可能な社会を構想し、実現に導くための実践力を育成します。
健康栄養学科
ディプロマ・ポリシーに掲げた到達目標達成のために、教育科目を以下のように編成します。
共通教育科目などの学習を通した人間科学の基礎の学びや担任制、少人数制指導により、人を思いやる心、コミュニケーション能力、および職業人(社会人)としての基本的な素養を養います。栄養関連専門基礎科目では自然科学を中心とした食と健康の基礎を学びます。また、栄養関連専門科目では、栄養に関する専門家としての幅広い知識と技術・実践力を修得します。さらに、卒業研究などでは、学生自らの興味や問題意識を基に、主体的、総合的に学び、疑問や問題を解決するための能力を養います。
食と健康の関係を科学的に理解する能力を培うため、人体の構造と機能、主要疾患の病態、診断、治療などに関する医学関連科目や食品学、調理学など食品学関連科目を、また管理栄養士としての実務に不可欠な栄養学の高度な学識と実践能力を培うため、応用栄養学、臨床栄養学、栄養教育論、臨地実習などの科目に加え、高齢社会の医療、介護サービスにも対応できるよう介護や社会福祉関連の科目を、さらに、施設や行政の栄養部門等において、組織の管理運営能力や経営感覚を持ち、新しい職務形態に対応できる管理栄養士を養成するため、給食経営管理論、フードシステム論、フードサービス論等を置いています。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

本学では、以下に挙げる到達目標を達成し学則に定める所定の単位を修得した学生には、卒業を認定し、学位を授与します。

  1. 共通教育科目等の履修を通して、建学の精神の礎であるキリスト教について理解を深めるとともに、基礎的な学習能力と豊かな教養を身につける。
  2. 各学科における専門教育科目の履修を通して、職業人として社会に貢献するために必要な専門的知識および技能を身に付ける。
  3. 大学での学びや生活を通して、コミュニケーション能力、数量的スキル、問題解決能力、自己管理能力、創造的思考力など、社会で活躍できるために必要な能力を身につける。

共通教育のディプロマ・ポリシー:全学科共通

  • 本学の学生としての自覚と誇り、多様な文化や価値観への柔軟な理解と共感を持ち、他人の権利、立場を尊重して、他者とともに生きることができるようになる。
  • 人間と自然についての洞察を深め、生涯にわたって主体的・発展的に学び続ける力を養うとともに、スポーツや芸術に親しみ、健康で文化的な生活を営むために必要な知識と方法や教養を身につけ、自らの生活の質を高めることができるようになる。
  • グローバル化する社会の中で必要とされる知識とコミュニケーション能力を備え、自分を活かせるキャリアを形成するための汎用的知識とスキルを獲得する。
  • 幅広い領域の基礎知識を身につけ、多様な価値観について理解するとともに、専門分野での学修をより豊かにする複合的な視点を獲得する。
  • 社会や世界の変化に柔軟に対応する知識・能力を獲得するとともに、社会的変化に主体的に関わる意識・責任感をもつようになる。

専門教育のディプロマ・ポリシー:各学科

表現文化学科
以下の到達目標を達成し、学則に定める所定の単位を修得した学生には、卒業を認定し学位(表現文化)を授与します。
  1. 表現に関わる文化への知識とその多様性への理解を元に、他者と協働して地域に貢献できる。
  2. 言語文化・視覚文化・地域文化の3つの領域についての幅広い知識を身につけている。
  3. 自分の意見を的確に他者に伝えることができる。
  4. 高い倫理観をもちながら、さまざまなメディアの特性を理解し、的確なメディアを選択して自分を表現することができる。
人間心理学科
以下の到達目標を達成し、学則に定める所定の単位を修得した学生には、卒業を認定し学位(心理学)を授与します。
  1. 各種心理学と人間学との専門知識、研究方法論、専門的技能を身につけていること。また、各学問分野の成立背景・学説史・存在意義を理解した上で、人間理解の多様性を獲得し、様々な角度から人間存在を深く考えることができること。
  2. 人間の心と行動とに対する観察力、分析力を有し、その奥にある心の動きのメカニズムや法則性を発見する力を備えていること。そのために必要な仮説・実験・検証という手続きを身につけていること。
  3. 思想を読み取る洞察力や人間の生き方を考え抜く力が身についていること。そのため文献の読解力に長けていること。
  4. 傾聴、共感に裏付けられた他者理解ができるケアリング・マインドを有していること。
  5. 言語力を土台としたコミュニケーション力が身についていること。
子ども学科
「子どもを科学的・総合的に深く理解する力、理論に裏打ちされた保育・教育的実践力、さらには感性豊かな表現力を身につけ、子どもの心身の豊かな発達を支援できるようになること」が子ども学科での学修到達目標です。
この目標を達成し、学則に定める所定の単位を修得した学生には、卒業を認定し学位(教育学)を授与します。
現代社会学科
以下の到達目標を達成し、学則に定める所定の単位を修得した学生には、卒業を認定し学位(社会学)を授与します。
  • 現代社会の制度や現象、様相を、身近な地域から全地球までの多様な視野で捉え、理解し、分析する基礎的知識と技能を身につける。
  • 現代社会に生じている諸問題に対する実践的な問題解決能力を身につける。
環境構想学科
以下の到達目標を達成し、学則に定める所定の単位を修得した学生には、卒業を認定し学位(環境構想)を授与します。
地域・都市・生活において直面する環境問題の背景とそのメカニズムを科学的に捉え、持続可能な社会に向けた環境共生システムを構想します。
健康栄養学科
以下の到達目標を達成し、学則に定める所定の単位を修得した学生には卒業を認定し、学士(栄養学)の学位を授与します。
「食と健康」に関する基礎から専門に至る幅広い知識や技術を習得し、さらに人を思いやる心やコミュニケーション能力を養った人間性豊かな栄養士・管理栄養士として、個々の生活者の生活環境や身体状況に応じた望ましい食生活のあり方を提案し、人々のQuality of Life(QOL)の向上に貢献することができる知識と技術を身につける。