尚絅学院大学

教育方針

本学では、教育目的を達成するために、ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)、カリキュラム・ポリシー(教育課程編成の方針)、アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)を以下のように定めています。

尚絅学院大学

ディプロマ・ポリシー

本学における所定の課程を修め、建学の精神を踏まえ、予測困難で変化の激しい現代社会の様々な課題に主体的に取り組んでいくメンタリティと教養を備え、多様化の進むグローバル社会にあって総合的な人間理解のための基礎的知識を身につけ、これらを総合して地域社会に貢献する能力と行動力を身につけた者に、卒業を認め、学士の学位を授与します。

具体的には、以下の能力の獲得、態度の涵養を重視します。

  1. 共感力(自分に誇りを持ち、他者との違いを理解した上で、他者を尊敬する力)
  2. 協働力(チームワーク、リーダーシップ)
  3. 自己管理能力
  4. 挑戦する力
  5. コミュニケーション能力
  6. 専門分野を越えた基礎的・汎用的知識やスキル
  7. グローバルな視野・地域的志向
  8. 倫理観、社会的責任感
  9. 批判的思考力・創造的思考力

カリキュラム・ポリシー

本学の教育課程は、ディプロマ・ポリシーに掲げる能力・態度を育成するため、次の方針に沿って編成・実施します。

  1. 教養教育科目のみならず、専門教育科目においても、大学全体としてのディプロマ・ポリシーとの関連を意識した到達目標を掲げ、必修科目、選択科目を体系的に配置し、履修の要件を設定します。カリキュラム系統図、カリキュラムマップなどを明示するとともに、個々の学生が体系的な学びができるように支援します。
  2. 学生の入学前の学習状況に配慮しつつ、大学の学びへと早期に転換を促す授業科目を配置します。
  3. 多様な学生に対応し、所属学類を越えた分野横断的な履修などを可能とします。
  4. 個々の学生が多様な視点と深い専門性を獲得するため、対話型授業などを行う少人数教育の環境を整備します。特に、各学類の特性に応じ、卒業研究またはゼミ等への全員の参加を確保します。
  5. 現場主義の実践的教育を通じ、学外の多様な人々との交流を通じた学びを重視します。このため、全学生が各学類所定の現場体験学習プログラムを履修できるようにします。
  6. 能動学習や課題解決型学習など、各授業科目の目標達成のために適切な方法による教育を実施し、授業外課題などもシラバスに明示し、学生の主体的な学びを促します。
  7. 各授業における到達目標に即した成績評価方法・基準を予めシラバスに明記し、授業実施後に成績評価を厳格に行うとともに、総合的な学習到達度を学生調査などで評価します。
DPと学力の3要素との対応
学力の3要素:
  1. 知識・技能
  2. 思考力・判断力・表現力
  3. 主体性・多様性・協働性
全学のディプロマ・ポリシーで求める能力 学力の3要素
知識・技能 思考力・判断力・表現力 主体性・多様性・協調性
1 共感力(自分に誇りを持ち、他者との違いを理解した上で、他者を尊敬する力)
2 協働力(チームワーク、リーダーシップ)
3 自己管理能力
4 挑戦する力
5 コミュニケーション能力
6 専門分野を越えた基礎的・汎用的知識やスキル
7 グローバルな視野・地域的志向
8 倫理観、社会的責任感
9 批判的思考力・創造的思考力

アドミッション・ポリシー

本学は「キリスト教精神と豊かな教養によって内面をはぐくみ、他者への愛と奉仕の心をもって社会に貢献する人間を育成する」ことを教育理念としています。また、この教育理念に基づき、教育の目的を「キリスト教の精神に基づき人格の陶冶をめざし、教育基本法及び学校教育法の規定するところに従い、広く知識を授け深く専門の学芸を教授研究すると共に、国際的視野に立って文化の向上と人類の福祉に貢献できる人材を育成すること」と定めています。

キリスト教の精神
キリスト教の愛と奉仕の精神に基づき、高い倫理観を持って他者への深い思いやりと理解、さらに協力、支援に努める人
基礎力と教養
社会人として期待されるコミュニケーション能力や豊かな教養、課題を解決する能力を身に付けたいと考えている人
意欲と行動力
大学生としての学修やその他の活動に意欲的かつ主体的・行動的に取り組む人
他者への貢献の志
国際的な視野に立って地域の発展や人々の幸福に貢献したいと考えている人

人文社会学群・人文社会学類

ディプロマ・ポリシー

人文社会学類では、全学共通の能力に加え、人文社会学を構成する諸領域についての基礎的知識と、以下に掲げる力を身につけ、学則に定める所定の単位を修得した者に学士の学位(人文社会学)を授与します。

  1. 専門的知識と複眼的視点を持って現代社会の事象を読み解く力
  2. 文化や社会の多様性を理解し、自己の見方を相対化する力
  3. 深い人間理解のもと多様性を認め合い、他者とともに協働し実践する力
  4. 専門的知識とスキルを活かし、地域・社会の課題を発見し課題解決への道筋を提言・表現する力

カリキュラム・ポリシー

学群の専門教育科目を以下の区分に分け、学生の興味・関心に応じて、段階的・体系的な履修ができるよう授業科目を配置しています。

  1. 学群に所属する全学生が学群の基盤となる学問分野の基礎的な知識について人間・社会・文化の視点から学ぶことができる「専門基礎科目」を配置しています。
  2. 人間・社会・文化に関する学問分野の広がりを学び専門性を高める科目、および実践的学びにつながる演習、情報処理スキルを身につけることができる演習を「専門展開科目」として配置してします。
  3. 専門展開科目の内容を発展させ、専門展開科目で修得した知識や技能をさらに高める科目および学びのテーマに応じたフィールドワーク、実践的活動を行う実習や演習を「専門応用科目」として配置しています。
  4. 学びの幅を広げ、学生固有の能力の伸長を目指すことができる「関連科目」を配置しています。
  5. 獲得した知識・技能を総合的に活用し、実践的な演習・実習を行う科目及び卒業研究を「総合科目」とし必修科目として配置しています。
  6. 上記の学群の生日に加え資格取得を目指すことができる「自由科目」を配置しています。

アドミッション・ポリシー

人文社会学群人文社会学類では、現代社会の様々な課題に明確な問題意識をもって向き合い、他者と協働して課題解決に貢献する人材を育てることを目指しています。

次のような学生を求めます。

  1. 本学での4年間の学修に必要な基礎学力のある人
  2. 自分の興味関心、将来の目標に向かって明確な学修意欲のある人
    1. ①社会の制度や政策に関心がある人
    2. ②地域の産業や復興に関心がある人
    3. ③地域の環境や暮らしに関心がある人
    4. ④外国文化や国際交流に関心がある人
    5. ⑤映像やメディアに関心がある人
  3. 既存の学問分野の枠を超えて、幅広く学び、より広い視野で世界をみようと考えている人
  4. 他者を理解し自己を表現できる能力を身につけ、卒業後、国内外を問わず様々な地域、社会で活躍を目指す人

心理・教育学群

ディプロマ・ポリシー

心理・教育学群では、全学共通の能力に加え、豊かな想像力と他者への共感力、また倫理観と理論に裏付けられた高度な教育学的・心理学的専門性と実践力を身につけた者に、学士の学位を授与します。

カリキュラム・ポリシー

心理・教育学群の教育課程は、ディプロマ・ポリシーに掲げる能力を育成するため、次の方針に沿って編成・実施します。

  1. 学群に所属する全学生が心理学・教育学の基礎を学び、人の心や成長に関する幅広い視野を身につけることができるよう、共通に学ぶ「学群基礎科目」を配置します。
  2. 各学類に、心理学・教育学の高度な知識と理論を学ぶ科目群を配置します。
  3. 心理支援や保育・教育の現場での実践的な学びを重視します。このため、各学類の特性に応じた実習科目を配置します。
  4. 学生がそれぞれの興味に応じて多面的に物事を見る視点を獲得できるよう、所属学類を越えた履修を可能とします。
  5. 身につけた知識を統合し、自ら設定した課題について主体的に学ぶ「卒業研究」を必修科目として配置します。

アドミッション・ポリシー

心理・教育学群では、豊かな想像力と他者への共感力を持ち、高い専門性と実践力を身につけた心理学・教育学の専門家を養成します。そのため、人間の心や行動、発達や関係などについて科学的に学ぶ意欲があり、獲得した知識を他者や社会のために生かしたいと考える学生を求めます。

心理・教育学群(心理学類)

ディプロマ・ポリシー

心理学類では、全学共通の能力に加え、以下のような能力を身につけ、学則に定める所定の単位を修得した者に、学士(心理学)の学位を授与します。

  1. 心理学の基本的な知識を体系的に理解する力
  2. 人の心に関する諸問題を発見する力
  3. 人の心に関する諸問題を客観的に分析する力
  4. 人の心に関する諸問題の解決に寄与することができる力

カリキュラム・ポリシー

ディプロマ・ポリシーに掲げる能力を育成するため、専門教育科目を以下のように編成しています。

  1. 心理学の全体像を概観し、人の理解と支援に必要な考え方と基本的な態度について学ぶために「心理学基礎科目」を配置します。
  2. 心理学において蓄積されてきた、心理支援の基礎となる知識と理論を把握するために「基礎心理学」を配置します。
  3. 医療、保健、教育、福祉、司法・犯罪、産業・労働の各分野において実践されている心理支援の方法を把握するために「実践心理学」を配置します。
  4. 人の心に関する視野を広げるために「心理学関連科目」を配置します。
  5. 人の心に関する問題を発見し、それを解決する技術を体得するために「実習演習科目」を配置します。

アドミッション・ポリシー

心理学類では、人の心を、心理学の各領域で幅広い視点から捉えることで、人を深く理解することを目指します。それによって、人の心を科学的、論理的に分析する力を養います。また、実践的で、現場に近い経験を積むことによって、自分から物事に向かっていく主体性や積極性と、他者に共感し、協力・援助する力を身につけます。

次のような学生を求めます。

  1. 自分のこと、他人のことを深く理解できるようになりたい人
  2. 人と接する際にどうすればよいかが判断できるようになりたい人
  3. 他人の心をケアしたり、サポートしたりすることができるようになりたい人
  4. 人との関わりが重要視される職場で働きたい人
  5. 人の心や行動のメカニズムに強い関心がある人

心理・教育学群(子ども学類)

ディプロマ・ポリシー

子ども学類では、全学共通の能力に加え、以下の能力を身につけ、学則に定める所定の単位を修得した者に、学士(教育学)を授与します。

  1. 子どもとその育ちを幅広い視点から捉え、科学的・総合的に深く理解する力
  2. 学術的知識および理論に裏付けされら保育・教育的実践力
  3. 子どもや家族を取り巻く環境や背景等を理解し、子どもと家族を支援できる力
  4. 感性豊かな表現力と国際感覚を養う姿勢

カリキュラム・ポリシー

子ども学類のディプロマ・ポリシーに掲げる能力を育成するため、専門教育科目を以下のように編成します。

  1. 子ども学類に必要な基礎的知識の修得のために「専門基礎科目」を設置します。専門的な学びの導入と保育現場を身近に感じ、高いモチベーションを維持しながら継続的な学修につなげるための科目として「基盤演習Ⅰ」「基盤演習Ⅱ」(いずれも教養教育科目)を配置します。
  2. 「専門科目」として、子ども学類の教育研究の主要4分野である「子どもの心理と健康」「子どもの福祉」「子どもの保育と教育」「子どもの文化と社会」を置きます。また、これらの科目の知識・理論と保育・教育実践を統合するための「総合科目」を配置します。
  3. 保育士に関する保育士課程および幼稚園教諭に関する教職課程に該当する必修および選択必修科目を配置し、その導入科目として「基礎実習」を配置します。
  4. 本学の長き伝統を生かし、音楽に強く感性豊かで、国際感覚を持った保育者養成のための科目を全ての学年に配置します。

アドミッション・ポリシー

子ども学類では、子どもの成長や保育・教育について強い関心を持ち、明るく感性豊かで、保育所や幼稚園、認定こども園、児童福祉施設など、保育や教育の現場で働く保育者を育てます。

次のような学生を求めます。

  1. 子どもの成長や保育・教育について興味を持ち、明るく感性豊かな人
  2. 幼稚園、保育所、認定こども園の保育者になりたい人
  3. 児童福祉施設で仕事をしたい人
  4. 子どもの専門家として子どもの福祉支援機関や関連産業で仕事をしたい人

心理・教育学群(学校教育学類)

ディプロマ・ポリシー

学校教育学類では、全学共通の能力に加え、以下のような能力を身につけ学則に定める所定の単位を修得した者に、学士(教育学)を授与します。

  1. 児童・生徒を科学的・総合的に深く理解する能力
  2. 小学校教育と中学校教育を視野に入れた高い水準の教育理論を理解する能力
  3. 児童・生徒にわかりやすい授業を展開できる教育実践力
  4. 教育現場の課題を解決し、児童・生徒・保護者との信頼関係を築くことが可能な人間関係調整力

カリキュラム・ポリシー

ディプロマ・ポリシーに掲げる能力を育成するため、専門教育科目を以下のように編成します。

  1. 教育の基礎となる知識を身につけ、教育の本質や理念について学ぶために「教職基礎理解科目」を配置します。
  2. 教育の理論や指導法を学ぶために、また小学校教諭一種免許状、特別支援学校教諭一種免許状、中学校教諭一種免許状(国語)、中学校教諭一種免許状(保健体育)の取得に必要な「小学校教育科目」「特別支援教育科目」「中学校教育科目」を配置します。
  3. 教育現場で実践的に学び、教員としての技能と指導力を身につけるために「教育実践科目」を配置します。
  4. 教育現場の諸問題を解決するための幅広い視野や、他者との協働力を身につけるために「専門発展科目」を配置します。
  5. 身につけた知識を統合し、児童・生徒の総合的理解のために主体的に学ぶ「総合科目」を配置します。

アドミッション・ポリシー

学校教育学類では、児童・生徒一人一人に学ぶ楽しさ、知る喜びを味わわせることのできる教育の専門家を養成します。理論と実践の両面から、多様化する学校現場に即応できる資質や能力を身につけ、児童・生徒・保護者と信頼関係を築くことができる人材を育てていきます。

次のような入学者を求めます。

  1. 児童・生徒の成長や教育について興味を持ち、明るく感性豊かな人
  2. 小学校の先生、特に小中一貫教育など接続領域に強い教育者になりたい人
  3. 特別支援学校の先生になりたい人
  4. 中学校(国語)の免許状取得を希望する人
  5. 中学校(保健体育)の免許状取得を希望する人
  6. 公務員(あるいは民間の関連施設職員)になって教育行政に関わる仕事がしたい人
  7. 児童館職員になりたい人
  8. 教育活動に関わる市民団体・NPOなどで働きたい人
  9. 教育関連産業分野の企業で働きたい人

健康栄養学群・健康栄養学類

ディプロマ・ポリシー

健康栄養学群・健康栄養学類では、全学共通の学修目標に加え、以下のような目標に到達し学則に定める所定の単位を修得した者に、学士(栄養学)を授与します。

  1. 基礎学力を養い、自分を取り巻くさまざまな事柄に対する理解を深められること
  2. 栄養士・管理栄養士に必要な基本的な技術を身につけ、さらに積極的に活用し、技術の向上に努める態度を身につけること
  3. 食と健康にかかわる課題に対して問題意識を持ち、解決する能力を身につけること
  4. 日々発展する食および健康に関する新しい情報や技術を積極的に受容できること
  5. これらをもとに、栄養と健康の観点から個々の生活者の生活環境や特性に合わせた望ましい生活のあり方を提案し、その実現を支援・評価する能力を身につけること

カリキュラム・ポリシー

学群の専門教育科目を以下の区分に分け、学生の興味・関心に応じて、段階的・体系的な履修ができるよう授業科目を配置しています。

幅広い視野と人を思いやる心、高いコミュニケーション能力、共働する素養を養うためにキリスト教に立脚した建学の精神、およびリベラルアーツ、キャリアデザイン、言語などに関する科目を教養教育科目に配置します。そして、1年次には専門的な学びへの導入として「基盤演習Ⅰ」並びに「基盤演習Ⅱ」を配置します。

専門基礎科目および専門科目では、実験や実習、演習科目を多く配置して、自ら体験を通して講義で得た知識に対する理解の深化とその活用力を養います。

1, 2年次:
自然科学を中心とした社会・環境と健康、人体の構造と機能及び疾病の成り立ち、食べ物と健康に関する専門基礎科目を配置します。
2, 3年次:
給食経営管理、臨床栄養学、栄養教育論、公衆栄養学 などの専門科目を配置し、学外実習に向けて栄養に関する専門知識を学び、3年次の学外実習によって実践力を身に付けます。
4年次:
卒業研究および管理栄養士活動論を配置し、学生自らの興味や問題意識をもとに主体的、総合的に学び、疑問や問題を解決するための姿勢・能力を養います。

さらに、3, 4年次には、食に関するより幅広い視野と実践力を身に付け、新しい職務形態に対応できる能力を育てるため、食品開発論など食品の生産・製造・流通・サービスに関する科目、および自発的に挑戦する意欲と実践力を養うための挑戦プログラムや、最新の情報を活用する力を養う先端栄養学研究を配置します。

DPと学力の3要素との対応
学力の3要素:
  1. 知識・技能
  2. 思考力・判断力・表現力
  3. 主体性・多様性・協働性
全学のディプロマ・ポリシーで求める能力 学力の3要素
知識・技能 思考力・判断力・表現力 主体性・多様性・協調性
1 基礎学力を養い、自分を取り巻くさまざまな事柄に対する理解を深められること
2 栄養士・管理栄養士に必要な基本的な技術を身につけ、さらに積極的に活用し、技術の向上に努める態度を身につけること
3 食と健康にかかわる課題に対して問題意識を持ち、解決する能力を身につけること
4 日々発展する食および健康に関する新しい情報や技術を積極的に受容できること
5 これらをもとに、栄養と健康の観点から個々の生活者の生活環境や特性に合わせた望ましい生活のあり方を提案し、その実現を支援・評価する

アドミッション・ポリシー

健康栄養学群健康栄養学類は、栄養士法による管理栄養士養成施設として国の認可を受けた管理栄養士養成課程です。食と健康の関係に強い関心を持ち、将来食の専門家として人々のQOLの向上に貢献することに強い意欲を持った人を求めます。

次のような学生を求めます。

  1. 管理栄養士として、医療、介護福祉、健康支援行政などの分野で仕事をしたい人
  2. 栄養教諭、学校栄養士として、食育、学校給食などの分野で仕事をしたい人
  3. 食の専門家として、食品の生産、流通などの分野で仕事をしたい人
  4. 大学院に進学して、栄養科学の分野で研究能力を養いたい人