現代社会学科 お知らせ

国際交流実習(韓国)出発前報告

2018/09/05

9月6日から15日まで韓国に行ってきます!!😊


「国際交流実習」は、韓国と中国の歴史と現状を学びながら、実際に自分が関心を持っていることについて調べ学習を行うとともに、自ら国際交流活動を企画・実行する授業です。今年度の韓国実習は、9月6~15日の10日間、教職員2名、学生14名の計16名で、韓国のソウルと大田(テジョン)を訪問することになりました。

 現地実習を行うにあたって、前期は韓国事情に関する講義を受け、既に履修した先輩や留学生とも交流し、現地の様子や異文化に対する理解を深めました。また、受講者はそれぞれ調査テーマを設定し、文献調査を行ってきました。韓国実習に参加する受講者の調査テーマは、韓国の「食文化」、「美容意識」、「アルバイト事情」など多様な分野に分かれています。

現地では、協定校の培材(ペジェ)大学の学生へのインタビュー、調査テーマに関連する施設の見学などを通して文献調査だけでは得られなかった情報を収集できるよう活動していきます。また、様々な内容で培材大学の学生と交流を深める予定です。日本のことを紹介する「プレゼン」班と、現地の学生との親睦を深めるプログラムを企画する「文化交流」班に分かれ、工夫を重ねながら交流会を準備してきました。交流会を通して、皆が楽しめ、仲良くなれればいいと思っています。

 韓国実習の主な訪問先と活動内容は以下の通りです。
・培材大学の訪問、現地学生との交流
・南山コル韓屋村、K-Style Hub、国立中央博物館の見学
・江南(カンナム)、明洞(ミョンドン)、蚕室(チャムシル)一帯の探訪
・世界遺産(昌徳宮=チャンドクグン)、国際交流基金ソウル文化センターの見学
・伝統衣装(韓服=ハンボク)、韓国料理(プルコギ)の体験など!!

初めての海外なので不安もありますが、充実した10日間になればいいと思っています!

(現代社会学科2年 水戸 麗美那)