現代社会学科 お知らせ

国際理解演習 海外実習(韓国) 4日目

2016/03/09

2016年2月18日は、国立中央博物館に行きました。その後大田(テジョン)に移動し、培材(ペジェ)大学の学生と交流をしました!

国立中央博物館にて

この日の午前は国立中央博物館を見学しました。この博物館の中ではとてもきれいで貴重な国宝や、日本では見られないような石の建造物(右上の写真:敬天寺(キョンチョンサ)十層石塔)などが展示されています。韓国だけではなく、アジアの歴史にも触れることができたと思います。(日下)

国立中央博物館はとても大きかったです。ここでは、韓国の様々な歴史的な文化財を見ることが出来ました。日本語で解説を聞きながら、韓国の歴史と文化を象徴する数々の重要文化財を見ることが出来たので、韓国の歴史と文化について理解を深めることができました。左下の写真(新羅時代の装飾品)は、王様の頭と腰に着ける装飾品で、腐食していないことから、ほぼ金でできていることが覗えます。右下写真(新羅時代の装飾品(火葬後))は、王とともに火葬された装飾品で、そこにも金が残っていることが分かります。黒くなっているものはガラス玉で、古くは貴重なものであったそうです。面白い話や興味深い話を聞くことができ、改めて歴史に興味を持ち始め、もう一度勉強しなおそうと思いました。(西槇)

  • 国立中央博物館

    国立中央博物館

  • 敬天寺(キョンチョンサ)十層石塔

    敬天寺(キョンチョンサ)十層石塔

  • 新羅時代の装飾品

    新羅時代の装飾品

  • 新羅時代の装飾品(火葬後)

    新羅時代の装飾品(火葬後)

培材(ペジェ)大学の学生と交流会!

ペジェ大学のある大田(テジョン)までKTXという新幹線に乗っていきました。KTXには向かい合わせになる座席があって、座っている人は気まずそうでした。ペジェ大学でのインタビューは予想していない回答が来て、想像と違って難しかったです。インタビューの練習もしたほうがよかったと感じました。大学の寮に泊まったのですが、エレベーターもあって立派でした。(鈴木)

尚絅学院大学の交流協定大学ー培材大学への移動で韓国の高速鉄道KTXに乗りました。景色が都会から田舎に移る様子が良く見えました。メインの発表とインタビューは、またもや暖かい空気で迎えてもらい、おちついて取り組めました。発表とインタビューを無事終えたことで安心したのか、昼に食べたビビンバが多かったのか、夕食はほとんど食べられず、辛いながら好みの味だったため残念でした。張り切りすぎたのか体調がかなり悪化していました。(植野)

午後はペジェ大学で学生との交流を行いました。この交流では自分のテーマである美容整形の質問ができてよかったです。また、その質問の中で予想外の回答をたくさん得られたので貴重な体験ができたと思いました。(日下)

大学に着いてすぐにパワーポイントの発表とインタビューを行いました。培材大の学生は慣れている様子で、とても大人でした。私は彼らの大人な対応に少し圧倒されてしまい、発表や説明がうまくできなかったです。その後は、学生と一緒にカムジャタンを食べに行きました。学生たちが韓国語で何を話しているか分からず、簡単な単語しか拾うことが出来ませんでした。楽しそうに話をしていたので、私も参加してお話が出来たらよかったです涙(西槇)

培材(ペジェ)大学の学生インタビューの様子

培材(ペジェ)大学の学生インタビューの様子