尚絅学院大学

人間心理学科 授業紹介

授業紹介

授業風景

人間存在の本質とその生き方を考える

人間学系│2年次 倫理学

難破した船は、繫留されるべき港を探し求めます。ただ、それがどこにあるのか分かりません。ただ波に身をゆだね、その中で舵を取らなければならないのです。自らの羅針盤を見つけること−授業を通して、ひとり一人が、この課題の答えを探していくことになります。

授業風景

人間学の理解と教育から人間のあり方を考える

人間学系│3年次 教育人間学

従前の人間観を概観し、人間理解における科学主義・技術主義の問題を把握し、人間を総合的に解明しようとする哲学的人間学の特徴を理解していきます。また、教育という事実から解釈される多様な人間の在り方も理解していきます。

授業風景

原文、原書にあたることの大切さを学ぶ

人間学系│3・4年次 原書・文献講読 Ⅰ・Ⅱ

ゼミごとにとりあげられた文献を一字一句も疎かにせずに読む作業を繰り返し行い、教員や参加者の質疑応答に耳を傾けて注意深く聞き取る作業を通し、著者が文献を通して何を主張しているかをきちんと読み取るスキルを身につけるための授業です。

授業風景

思春期から青年期の心身の発達を理解する

心理学系│3年次 青年心理学

青年心理学では、思春期~青年期における心身の変化や青年期におけるさまざまな問題について、テキストだけでなく最新の知見や映像資料などを使いながら理解を深めます。授業を通して青年期の発達を多面的に捉える力を身につけることができます。

授業風景

学ぼう、確かめてみようこころについて

心理学系│3年次 臨床心理学Ⅰ

臨床心理学Ⅰでは、カウンセリング、アセスメント、心の病気、乳幼児、児童、青年・成人の心理療法について学んでいます。どの講義でもぺアによるグループワークを取り入れ、自ら学んで、話し合って「こころの発見」をつかんでいます。

授業風景

人はなぜ犯罪をするのか──様々な角度から考えてみる

心理学系│3年次 犯罪心理学

人はなぜ犯罪・非行をしてしまうのか。この問題について、社会的要因と個人的要因が絡まりあいながら犯罪へと結びつく過程について考えていきます。また、理論を学ぶだけでなく、実際の事例などを例に取り上げ、理解が深まることを狙います。

授業風景

人の話を聞くという基礎的なトレーニングを実施します

専門基礎科目│3年次 フィールドワーク演習

フィールドワークとは何か? 定義、用語の解説などからはじまり、見たり聞いたりしたことを書くという訓練を通して、観察と面接の方法に習熟していきます。基本は見る(観察)と聞く(面接)です。物や人を観察するという一見単純で、実は難しい方法を習得していきます。

授業風景

その名の通りカウンセリングを体得します

心理学系│2年次 カウンセリング論

理論と実践の両輪を学ぶ授業です。理論編では、相談と普段の会話(雑談など)の違いは何かという問いについて考えていきます。実践編では、毎回知らない人とペアになってワークをします。授業を終える頃にはみなさん聞き上手になっています。

授業風景

心理学における実証的研究の基礎を体得する

専門基礎科目│2年次 心理学実験・実習Ⅰ

基礎的な心理学実験・実習の体験を通して、心理学的研究を進める上で必要な実証的研究技法とその背景にある考え方を習得します。また、データから人間を理解し、考察する力や結果をレポートにまとめる力も養います。

ゼミナール紹介

太田ゼミ

フランス教育学、社会思想が専門

太田ゼミ 指導教員:太田 健児

絵本・童話の分析、芸術論、社会思想やジェンダーの最先端理論の研究など、テーマはさまざまです。最近の傑作は「悪女論」「心技体論」などの研究。学生も頑張っています。

上村ゼミ

ハンナ・アーレントを読む

上村ゼミ 指導教員:上村 静

ユダヤ人虐殺という人類史上最悪の国家犯罪を担ったのは凡庸な小役人だった。どこにでもいる普通の人間がどうして巨悪をなしえたのか。悪の陳腐さを考える。

池田ゼミ

認知心理学ゼミナール

池田ゼミ 指導教員:池田 和浩

“褒められて嬉しかった”、“グチってスッキリした”など、人間は様々な感情や思考をめぐらせます。このような認知が生み出される仕組みを研究しましょう。