尚絅学院大学

環境構想学科 お知らせ

エコフェスタにブースを出しました【環境構想学科・環境デザイン教育研究センター】

2018/09/19

2018年9月2日(日)勾当台公園市民広場で開催した「エコフェスタ」に体験ブースを出しました。

里山再生プロジェクトの作業で出た枝や材をもらい、薄く切って台(プレート)にし、その上に好きなものを飾り付けて、壁にかける飾りや置物を作ってもらうという体験ブースです。


飾り付ける物は、マツやカエデ、クリ、クルミ、オオバボダイジュ、ヤシャブシなどの実を集めた他、ビーズなども用意しました。皆さん、思い思いの飾りつけを楽しんでくれたようです。子どもたちはビーズなどを「もりもり」にしていました。


ホウノキやクズなどの大きな葉を土台に、森の妖精の「顔」を作るコーナーも作りました。山盛りになった秋の野の草や木の葉から好きに材料を選んでもらって、顔を作ります。野山にはいろいろな形のものがあります。何の形が何に見えるかは人それぞれ。いろいろな顔ができました。
会場に持っていけた植物はごく一部です。興味のある方は、里山に入って材料集めからやってみると楽しいですよ。