子ども学科

授業風景

子どもの心理と健康
乳幼児期の発達をプロセスとして理解する視点を学ぶ

生活と保育の中での具体的な子どもの姿を通して、0歳から6歳まで、年齢ごとの発達の特徴を理解します。また乳幼児期の発達をプロセスとして理解する視点をもてるようにします。

授業風景

子どもの福祉
子どもの健全な発達を保障する福祉の視点を学ぶ

養護実践を支えるための基本に関して学び、施設現場における支援方法について把握。それが、日々の支援実践活動にどのように具現化されているかについて学びを深めます。

授業風景

子どもの保育と教育
子どものための保育・教育を理論と実践の両面から探求する

子どもという全人的存在を専門的視点から対象化して学びます。また、カリキュラムや教師論、さらに環境教育や特別支援教育についても学ぶことができます。

授業風景

子どもの文化と社会
子どもの創作活動や身体表現の能力について理解する

遊びや玩具などの制作を通して、子どもの豊かな感性や想像力の育成について考察します。また身体表現力やその能力について理解を深めながら、指導の仕方を学びます。