尚絅学院大学

子ども学科 学びのテーマ

授業風景

子どもの心理と健康
乳幼児期の発達をプロセスとして理解する視点を学ぶ

生活と保育の中での具体的な子どもの姿を通して、0歳から6歳まで、年齢ごとの発達の特徴を理解します。また乳幼児期の発達をプロセスとして理解する視点をもてるようにします。

授業風景

子どもの福祉
子どもの健全な発達を保障する福祉の視点を学ぶ

養護実践を支えるための基本に関して学び、施設現場における支援方法について把握。それが、日々の支援実践活動にどのように具現化されているかについて学びを深めます。

授業風景

子どもの保育と教育
子どものための保育・教育を理論と実践の両面から探求する

子どもという全人的存在を専門的視点から対象化して学びます。また、カリキュラムや教師論、さらに環境教育や特別支援教育についても学ぶことができます。

授業風景

子どもの文化と社会
子どもの創作活動や身体表現の能力について理解する

遊びや玩具などの制作を通して、子どもの豊かな感性や想像力の育成について考察します。また身体表現力やその能力について理解を深めながら、指導の仕方を学びます。

Student Interview

現場経験豊富な先生方の体験談も勉強になります

山本 咲

山本 咲
(宮城県 尚絅学院高校出身)

日々、専門知識を学ぶと同時に、実践する技術が身につく授業が多いと感じています。また現場経験のある先生方が多いので、体験談を聞くことが良い勉強になります。失敗談などを聞くと、子どもと関わる仕事への興味がぐんとふくらみます。

Topics

合唱コンクール

子ども学科では短大時代からの伝統行事として合唱コンクールを毎年開催しています。課題曲と自由曲を各1曲ずつクラスメートが一丸となって歌います。青春のかけがえのない想い出として、また将来に役立つ歌唱訓練にもなる合唱は、子ども学科における学生生活を彩り豊かにしています。