尚絅学院大学

子ども学科 お知らせ

土田先生、アントン・シャブロフと協演

2018/03/10

土田先生がハバロフスクから無事に帰国されました。
ハバロフスクは、室内は暖かくても最低外気温が-25度で、夜間〜明け方にかけての冷え込みがすごかったそうです。

ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番より第2〜3楽章

土田先生の演奏映像が送られてきましたので紹介しましょう。 下のリンク↓から入ってお聴きください。

この演奏は、在ハバロフスク日本国領事館により、「2018ロシアにおける日本年」の行事の一つとして紹介されました。「第2回ソボレフスキー国際ピアノコンクール終幕演奏会」におけるトリとしての演奏だそうです。

さらに協演した指揮者シャブロフさんは、モスクワ音楽院卒の若手指揮者で将来の期待の星とのこと。
注目して見てください。

曲目:ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番より第2〜3楽章
演奏:土田定克(ピアノ)、ロシア極東アカデミー交響楽団、アントン・シャブロフ(指揮)
場所:ハバロフスクフィルハーモニー大ホール 日時:2018年2月22日

月末はユーリ・ヤンコ率いる交響楽団と共演

3月25日からはウクライナのハリコフに行かれます。

ラフマニノフ生誕145周年記念第20回記念国際音楽祭「ラフマニノフとウクライナ文化」の開幕演奏会にて、ユーリ・ヤンコ率いるハリコフ地方フィルハーモニーアカデミー交響楽団と共にラフマニノフのピアノ協奏曲第2番&第3番を一晩で演奏し、翌日はピアノリサイタルを開く予定とのこと。

いずれも会場は2016年に完成したハリコフ地方フィルハーモニー新オルガンホール(800人収容)だそうです。

ラフマニノフ生誕145周年記念国際音楽祭チラシ

ラフマニノフ生誕145周年記念国際音楽祭チラシ

関連リンク
関連データ