尚絅学院大学

子ども学科 お知らせ

ベートーヴェン・ヴァイオリンソナタ全曲公演 in クロアチアに土田先生共演

2017/04/16

クロアチア公演ポスター

クロアチア公演ポスター

土田先生(子ども学科准教授)のとんでもない公演案内が届きました。
今年のクロアチアは熱いですね。OMEPの世界大会(小松先生出席)もあるし、ベートーヴェン・ヴァイオリンソナタ全曲公演が来月実現します。

ベートーヴェン没後190年記念公演

没後190年記念「究極のベートーヴェン・ヴァイオリンソナタ全曲公演」がクロアチア4都市で5月6~19日、開催されます。
これは首都ザグレブはじめ、オパティア、ロヴィニ、ドゥブロヴニクを巡回し計10回の舞台に上る公演で、ヴァイオリンはクロアチアの重鎮ゴラン・コンチャル氏(ザグレブ大学音楽アカデミー教授)、ピアノは土田定克(ラフマニノフ国際コンクール第1位、尚絅学院大学准教授)による共演です。

ベートーヴェンの「ヴァイオリンソナタ全10曲」

主要曲目は、今年没後190年を迎えるベートーヴェンの「ヴァイオリンソナタ全10曲」。
これを4都市において各地二晩かけて弾き切ります。
また、ザグレブとドゥブロヴニクではメンデルスゾーンの「ヴァイオリンとピアノのための協奏曲」も演奏します。

ザグレブ(5/9)ではクロアチア室内オーケストラと協演、ドゥブロヴニク(5/19)ではクロアチアの名指揮者ウロシュ・ラヨヴィチ率いるドゥブロヴニク交響楽団との協演になります。ちなみにドゥブロヴニクとは「エーゲ海の真珠」と呼ばれる美しい町で、ジブリの「紅の豚」の舞台になったところです。

ザグレブ大学で公開レッスンを担当

演奏会の合間を縫って、ザグレブ大学音楽アカデミーとドゥブロヴニクにて土田定克マスタークラス(公開レッスン)も予定されています。

関連リンク
関連データ