尚絅学院大学

子ども学科 お知らせ

ビオトープ春の気配

2017/03/04

寒い冬ももうすぐ終わるでしょうか。もう一回くらい雪が降るでしょうか。

2月中旬

2月中旬

尚絅のビオトープで春を感じさせる最初の生きものは、ヤマアカガエルだと思います。

今年も見かける時期になりました。

今年最初の卵塊

2月25日

2月25日

2月25日、ヤマアカガエルの卵を今年初めて発見しました。

彼らは、そのあと、また冬眠の続きをするらしい…です。

卵塊は合計4つに

3月4日

3月4日

3月4日ヤマアカガエルの卵塊が4つに増えていました。
昨日の夕方、大きな声で鳴いていたから、そのとき産卵したのかな…

冷たい池の中で、メダカは元気に群れて泳いでいます。

下のリンクでちょうど昨年の今頃の様子が分かります。
昨年の方が卵塊多かったみたい。これからまた増えるかな?

関連リンク