尚絅学院大学

子ども学科 お知らせ

子ども学科 2015年度就職状況

2016/09/15

2016年3月に子ども学科を卒業した学生(2015年度卒業生)の就職状況をお知らせします。

子ども学科就職率 2年連続100%達成!!

卒業生 88名  
就職希望者 86名 2名は就職希望せず
保育士 50名 公務員11名:公立臨時1名:私立正職39名
幼稚園教諭 21名 公務員1名:私立正職20名
小学校教諭 6名 正規1名:講師5名
一般職 9名 正規7名:非正規2名
就職内定者 86名 就職希望者内定率100%
 ※卒業生に対する内定率も97.7%と高水準(86/88名)

2014年度に続き、2015年度も100%(就職希望者に対する内定率)を達成することができました‼︎

子ども学科の就職内定への動向

 子ども学科の就職までの動向を説明しましょう。

 8月までの内定率は他の学科が50%を超えているにもかかわらず、子ども学科は10%ほどしかありません。
 他学科は一般職がメインですので、求人が早く出て、内定も早く出る傾向にあります。つまり、就職活動が早いのです(現在の就職活動解禁日は3月1日)。

 子ども学科の学生は約9割の学生が資格を活かした職業(小学校教諭・幼稚園教諭・保育士・児童福祉施設職員など)を目指しており、それらの求人の内定が出るのは秋なのです。つまり、就職活動が一般職に比べ遅い傾向にあります。

 例えば、

・小学校教諭を目指す学生は、7月の採用一次試験を受け、2次試験の結果がわかるのは10月以降です。
・公務員保育士を目指す学生も、7〜9月の一次試験を受け、その後2次試験があり、結果がわかるのは自治体によって違いますが秋以降です。
・私立の保育士や幼稚園教諭の採用試験も秋がメインです。

 しかし、子ども学科の学生は最終的には100%の就職率を誇っております。
 つまり、資格を活かしたい学生は、目標をしっかりと持ち、自分が希望する採用試験に向けて努力をし、結果的に希望する職業についているということがわかります。

 それを支援するのが、進路就職課や子ども学科のゼミの教員です。

尚絅学院大学 進路就職支援の取り組み

 尚絅学院大学の特徴に、「少人数教育」があります。少人数のメリットを活かし、学生一人ひとりを教員だけでなく就職課の職員も把握できることで、就職支援を行っています。

具体的には、
①就職情報の提供(求人は随時ネット配信され、スマホなどで閲覧できます)
②履歴書添削(予約制で個別対応)
③面接練習(本場リクルート職員も対応)
④就職相談 などなど

 特に、宮城県内の保育系の就職先に関しては、保育科(短期大学)時代の長年の蓄積があるとともに、多くの先輩方が尚絅卒として保育現場で活躍なさっております(園長・主任・教頭も多いです)。
 
 また、小学校教諭に向けては、校長を経験した先生方による採用試験サポートも年々充実しております。

就職支援のための講座が充実しています

尚絅学院大学では就職試験対策講座が数多く開講されています。

【今年度の就職支援対策講座】※子ども学科の学生が受講するものを抜粋
・公務員基礎Ⅰ講座(保育士・学校栄養士など)
・公務員基礎Ⅱ講座(行政職・小中高教諭・栄養教諭・警察官・消防官など)
・公立学校教員採用試験対策講座
・エクセル・表計算処理技能認定試験(1・2・3級)
・民間就職試験(SPI)対策講座
・ITパスポート試験対策講座(情報処理の入門編の国家資格)

 以上のように、豊富な講座を用意しております。しかも、基本的に受講料は無料です(テキスト代は別途必要)。普通に受講すると高額な講座がほぼ無料で受けることができます。
 就職のための講座だと考えると3年生が対象だと考えがちですが、尚絅では1年生からの受講を勧めています。学ぶ意欲がある学生が、常に学べる場を提供し続けています。
 
 就職支援が充実している尚絅の子ども学科で夢を叶えましょう。(文責:前田)