子ども学科 お知らせ

基盤演習(子ども学科の場合)

2016/05/26

1年生の必修科目「基盤演習」について紹介しましょう。

この科目の前半では、小グループに分かれてクラス内の親睦を深めながら、キャンパスライフを少しでも充実させるために、大学の資源をどのように活用するかを体験します。

図書館を知る

大学生活で関わる場所・資源は教室以外にもたくさんあります。図書館、食堂、生協、事務棟、実習支援室、情報システムセンターなど。

それらをどのように活用するかは本人次第です。この授業では、学内の各施設の説明や見学も行なっています。

この写真は図書館での説明を受けているところ。文献の探し方、CDやDVDの借り方、書庫の使い方(尚絅は学生の入れないスペースは基本ありません)などを教えていただきました。

教職過程センターを知る

学内探検をすると、まだまだ入ったことのない場所がいくつもあったようです。

写真の教職過程センターもその一つ。教員採用試験や公務員試験に向けて勉強したり、支援員さんに相談して教えてもらったりできるところです。

もちろん一年生からどんどん利用してほしいと言われました。関係資料がいっぱいです。利用しない手はないですね。

ラーニング・ステーションを知る

昨年オープンしたばかりのラーニングステーション(通称ラーステ)です。

一人で自習するもよし、友だちと勉強するのもよし、チームで相談・議論したり、何かの企画の準備作業などもできるところです。

高価な視聴覚教材もレンタルできるということで、学ぶ意欲さえあればみなさんの可能性は無限大に広がるでしょう。

教員・研究室を知る

このラーステには、珍しいコーヒーサーバーがあります。だからこの部屋はいつもいい香り。カフェみたいです。

コーヒー大好き教員の小松先生が写っていますね。そう。教員も大学の資源ですよ。どんどん利用しましょう。

先生方の研究室を覗くのも今回の内容でした。いろんな研究室があって面白かったですね。和書洋書以外にも絵本、玩具、絵画、プラモデル、ギターなどあったと思います。みんな学生たちの充実のためです。利用してください。

関連リンク