インフォメーション

11/28(土)開催 第3回大学生と考えるSDGs~住み続けられるまちづくりを目指すために~

2020/11/02

11月28日(土)13:30より、尚絅学院大学で「大学生と考えるSDGs」を開催します。
今年で3年目となる「大学生と考えるSDGs」の今回のテーマは「住み続けられるまちづくりをめざすために」。
白石を舞台に表現文化学科大野ゼミ生が制作した「仙南に吹く風~明日への想いをのせて~(東北映像フェスティバル2020、学生部門優秀賞受賞)」の映像をもとに、
まちづくり、地域資源の活用、里山とくらし等のテーマでグループワークを行います。
当日は、白石市地域おこし協力隊/蒼塵窯の竹田祐博氏からもメッセージを頂く予定です。
学生の方はもちろん、一般の方の参加もお待ちしています。
会場参加またはZoom参加が可能ですが、いずれも事前申し込みが必要です。
お問い合わせは、尚絅学院大学教育研究支援課(TEL022-381-3502)まで。


〇開催概要

日 時: 2020年11月28日(土) 13:30~16:00 (開場13:00)
会 場: 尚絅学院大学 多目的ホール(名取市ゆりが丘4-10-1)
参加費:無料
参加方法:事前に申し込みが必要です。下記フォームからお申込みください。
    「大学生と考えるSDGs」参加申込みフォーム
スケジュール:
 13:00 受付開始
 13:30 開会
 13:40 SDGsと本学の取り組み紹介
 13:50 映像から考えるSDGs「仙南に吹く風~明日への思いをのせて」
 14:35 グループワーク「住み続けられるまちづくりを目指すために」
      ①地域おこし協力隊からのメッセージ
       ゲストスピーカー:白石市地域おこし協力隊/蒼塵窯 竹田 祐博 氏 
      ②テーマ別グループワーク
       〈会場参加の方は〉
        *テーマ1:祭りとまちづくり
        *テーマ2:地域資源の活用
        *テーマ3:里山とくらし
       〈Zoom参加の方は〉
        *テーマ4:参加者によるフリートーク
 15:30 全体発表(各グループから)
 16:00 閉会

 

〇新型コロナウィルス感染症対策について(お願い)

開催にあたり、参加者の体調確認、手指消毒、会場内の換気等について十分に気をつけて運営いたします。
なお、大学の入構規制で会場実施ができない場合には、Zoomのみでの実施、もしくはイベントが中止となる場合がございますのでご了承ください。

会場参加を希望される方は、本学の新型コロナウィルス感染症対策のルールに従い、下記についてご協力くださいますようお願いいたします。
[開催前まで]
 1.参加前1週間の体調について「体調チェックシート」に記録、当日朝に「入構用チェックシート」に記録し、当日ご持参ください。(本学所定用紙、下記よりダウンロード)
 2.厚生労働省の接触確認アプリ(COCOA)のインストールをお願いいたします。
 3.発熱・咳等の風邪様の症状がある場合や、同居されいてる方に同様の症状がある場合は、会場参加をお控えください。(ご相談いただければ、当日Zoom参加が可能です)
[開催当日]
 1.来校時に守衛室にお声がけください。
 2.記入された「体調チェックシート」「入構用チェックシート」をご持参の上、受付にご提出ください。(受付で検温も実施)
 3.必ずマスクの着用をお願いいたします。また、グループワーク前後の手洗いにご協力ください。
 4.筆記用具は各自でご持参ください。
 

〇SDGsとは

2015年9月の国連サミットで採択された、持続可能な開発目標です。
2030年の達成に向けて、17のゴールと169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人として取り残さない」ことを誓っています。
尚絅学院大学は、東北を「持続可能な社会」として次世代に引き継いでいくため、SDGsを推進しています。

関連データ