尚絅学院大学

健康栄養学科 お知らせ

[ゼミ紹介] 健康栄養学科西内ゼミ 学会発表に初挑戦!!

2020/03/31

2019年度の西内ゼミでは、術後の患者に亜鉛ゼリーを摂取させることによって、周術期の食欲不振が回復の方向にむくことを明らかにしました。

西内ゼミでは、「周術期の食欲不振に対する亜鉛付加の効果について」をテーマに研究を進めています。

 亜鉛には、食欲を亢進する作用が知られています。臨床の現場では、手術後に食欲が低下し、口から摂取する食べ物が少なくなると、術後の回復が遅れてしまいます。そこで、亜鉛を投与することで術後患者の食欲の回復に効果があるか調べることを目的としました。今回は、心臓手術を受けた患者を亜鉛投与のグループと投与しないグループの二つに分けて、手術後2日目から6日目までの摂取エネルギーを患者ごとに算出し比較しました。その結果、手術後3日目以降に、亜鉛入りゼリーを食べた患者は、亜鉛無添加ゼリーを食べた患者より少しだけ摂取エネルギーが多い傾向が見られました。今回の調査結果より、手術後の食欲は亜鉛の投与で早期回復が図れるのではないかと考えています。

 これらの研究結果を2019年11月30日に開催された「日本亜鉛栄養治療研究会 第1回 東北・北海道支部学術集会」と2020年1月24日に開催された「第23回日本病態栄養学会in京都」において、西内ゼミ(石井菜々子、松崎あゆみ、佐藤彩花、長田優海)の代表として石井菜々子さん(4年生)が口述発表をしました。

 西内ゼミでは、今後さらに症例数を増やし、手術直後の患者の食欲の程度も要因に入れてグループ分けを行い、亜鉛の食欲回復効果の検討を行う予定です。

 ゼミ生の今後のさらなる活躍を期待しています。  (文責:西内美香)

「日本亜鉛栄養治療研究会 第1回 東北・北海道支部学術集会」

「日本亜鉛栄養治療研究会 第1回 東北・北海道支部学術集会」