尚絅学院大学

尚絅学院大学×SDGs

登米市・川崎町の小学校での学習支援及び学校現場研修

関連するSDGs

  • 4.質の高い教育をみんなに
活動団体
Plum愛好会
担当教員
田村 嘉勝
活動地域
登米市立横山小学校、登米市立柳津小学校、川崎町立川崎小学校
連携団体
登米市教育委員会、登米市立横山小学校、登米市立柳津小学校
川崎町教育委員会、川崎町立川崎小学校
活動時期
2015~継続

活動目標

小学校教員をめざしている学生が自ら学校現場に入り込むことによって、児童への学習支援を試みながら学校現場の日所を研修する。

活動概要

「学習支援と学校現場体験」をコンセプトにし、子どもたちより早く登校し、子どもたちが下校するのを見届けてから宿舎に戻る。学校では、学習支援のほか、業間休み・昼休み、給食、清掃を子どもと一緒に活動する。一日の学校現場を知るとともに、放課後、現場教員より講和等をきく。夜の宿舎での活動は、学校ごと、学年クラスごとの反省し、その後、全体で報告を共有する。そして、翌日の目標を相互に確認しあう。

今後の展開

合宿での「小学校での学習支援及び学校現場研修」をさらに充実発展させるべく、合宿での内容の精査、合宿に向けての日常の活動を見直しをはかる。また、現在近隣のゆりが丘児童センターで10数名の学生が小学生の放課後活動支援をしていることなどを契機として、日常的に活動できる機会を設けるようにしたい。