尚絅学院大学

尚絅学院大学×SDGs

ピカボード愛好会による地域活性

関連するSDGs

  • 11.住み続けられるまちづくりを
活動団体
ピカボード愛好会
担当教員
阿留多伎 眞人
活動地域
名取市、加美町、白石市
連携団体
名取市、リバイブ名取21、名取市北町地区子供会、NPO法人ゆうわ、やくらいスノーファンタジー実行委員会、白石工業高等学校等
活動時期
2008~継続

活動目標

本学で発明されたピカボードを使った光のアートを展示することにより、名取市や中心市街地の増田地区を活性化すること。

活動概要

1999年から毎年12月から新年にかけて、名取市増田地区やJR名取駅自由通路でピカボード十数枚を使った「光のストリートアート展」を行っている。近年では、増田地区以外に下増田地区や仙台空港、やくらいファミリーゲレンデ、イオンモール名取、石巻工業高校などでもピカボードで制作した光のアートを展示している。

増田地区での光のストリートアート展

北町子供会の制作の様子

完成記念写真

9色のLED

大学祭でも展示

ゲレンデに映えるピカボード

今後の展開

発明以来20年かけて少しずつピカボードが広まってきた。

様々な団体のご協力を得て、尚絅学院大学からピカボードによる光のアートイベントを発信していきたい。