インフォメーション

平和教育のための学長メッセージ(A Message from President on peace education)

2022/03/07

今,ウクライナで,悲惨な戦争が続いています。平和な生活を送っていた人々が,突然当たり前の日常を破壊され,傷つき,命までも奪われています。さらに,核兵器による威嚇や,原子力発電所への攻撃も報じられています。停戦交渉も難航しているようです。

 

本学院第2代校長のメリー・ジェッシーは,第1次世界大戦におけるドイツと連合国との休戦協定からちょうど4年後の1922年11月11日,「平和の意義について」と題する講話を行いました。その中で,ジェッシーは,平和教育の重要性を説き,「平和の根本問題は兄弟の愛をもって互いに愛する事で、交際も商事もそれに従属して行はれねばならないものであります」と述べています。

 

それから今年でちょうど100年。私たちは,あらゆる戦争と,人々の間に分裂や憎しみをもたらすあらゆる企てに反対し,平和を希求するすべての人々とともに,一刻も早く平和が回復されることを祈り願うとともに,本学の建学の精神を踏まえ,平和の実現を担う若者の教育に最善を尽くす決意を改めて表明いたします。

 

尚絅学院大学学長

合田隆史


<英字版>
A tragic war is going on in Ukraine right now. There are reports of attacks on nuclear power plants and threats with nuclear weapons. Negotiations for a ceasefire seem to have run into difficulties.

 

On November 11, 1922, exactly four years after the armistice between Germany and the Allies in World War I, our second president, Mary D. Jesse, delivered a lecture entitled "On the Meaning of Peace." In the lecture, she stressed the importance of peace education, saying that the fundamental issue of peace is to love one another with brotherly love, and both relationships and commerce must be subordinated to this love.

 

This year marks 100 years since President Jessie's message of peace. Shokei Gakuin University opposes all wars and all attempts to bring division and hatred among people. Together with all those who desire it, we pray and hope that peace will be restored as soon as possible. We reaffirm our determination to do our best, based on the founding spirit of our university, to educate young people to strive for the realization of peace.

 

Takafumi Goda, president of Shokei Gakuin University