インフォメーション

【新型コロナ感染症の拡大に伴う措置について】

2021/01/07

1月12~14日の間の授業の全面非対面実施について

学生の皆様へ

1月6日の新型コロナウイルス感染の新規感染者数が全国で6000名に達し、7日中には首都圏に緊急事態宣言が発出される見込みとなっています。宮城県内でも、新規感染者数が高止まりの状況にあり、年末年始期間の感染による感染者数の増加が今後強く懸念されています。また、来週末の16、17日には「大学入学共通テスト」が本キャンパスでも実施されます。

このような状況の中、今後の感染拡大の状況を見極めるとともに学内者の感染のリスクを回避するため、1月12日~14日の授業については全面非対面とし、大学入学共通テスト実施日も含め1月12日~17日の間は学生の入構は原則禁止とすることといたします。対面で実施を予定していた授業等については、担当教員の指示に従ってください。

若い方は重症化リスクが低く、無症状や軽症の方が感染拡大の一因となっているとの報道や、若い方でも後遺症に悩んでいる方も多くいるとの報道も見受けられます。また、昨年12月以降、感染者の様態が急変して自宅や療養先で死亡した方が急増しているとの報道もあります。感染が急拡大する中、皆さん及び皆さんの身近な方を感染から守るためにも、引き続き感染防止対策、並びに健康管理の徹底をお願いいたします。

2021年1月7日