インフォメーション

新型コロナウイルス対策に関する重要なお知らせ

2020/04/03

新型コロナウイルス対策に関する重要なお知らせになります。必ず確認してください。

あなたの、そしてあなたの身近な方を新型感染症から守るために

 

次の場合は、外出・登校を控えてください


・ 発熱・咳・倦怠感・息苦しさ等の症状がある場合は、登校を控え自宅で療養に努め、改善しない場合は医療機関を受診ること。


・ 「食べ物の味がしない」「匂いがしない」などの症状がある場合は自宅療養に努め、改善しない場合は医療機関を受診すること。

・ 自身の感染が判明したり、濃厚接触者と特定されたりした場合は登校せず地元の電話相談窓口、あるいは帰国者・接触者相談センターに電話で相談の上、医療機関を受診した場合は医師・保健所等の指示に従うこと。また、その場合は、その旨を学生生活課に必ず連絡すること。


海外への渡航は原則禁止とするが、既に海外へ渡航し帰国した場合は、帰国後14日間は自宅での経過観察に努め、大学への登校はしないこと(その旨を学生生活課に必ず連絡すること)。

・ クラスターの発生源等となった場所に立ち寄ったものは原則として14日間自宅で待機し、大学への登校はしないこと(その旨を学生生活課に必ず連絡すること)。その間、少しでも発熱の症状が現れた場合は、地元の電話相談窓口、あるいは帰国者・接触者相談センターに電話で相談の上、医療機関を受診した場合は医師・保健所等の指示に従うこと(その旨を学生生活課に必ず連絡すること)。


・ どうしてもやむを得ない場合を除き、感染が拡大している地域(北海道、東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、大阪、兵庫等)への移動は行わないこと。尚、やむを得ない事情により立ち入った場合は、感染防止について万全の対策を講じたうえ、帰宅後は健康に留意し、少しでも発熱の症状が現れた場合は、地元の電話相談窓口、あるいは帰国者・接触者相談センターに電話で相談の上、医療機関を受診した場合は医師・保健所等の指示に従うこと(その旨を学生生活課に必ず連絡すること)。

 

 

 

 

感染の可能性が少しでも疑われる場合は、症状のあるなしにかかわらず外出を控え地元の電話相談窓口に相談してください。

 

 

仙台市・宮城県の電話相談窓口(コールセンター)【24時間受付】
電話:022-211-3883/022-211-2882

 

 

 

 

関連データ