インフォメーション

第2回地域教育・研究センター公開講座が開催されました。

2019/11/26

11月20日、エル・ソーラ仙台大研修室において、「現場報道が汲みとる被災者の思い~“個”を見つめる重み~」と題し、NHK仙台放送局アナウンサーの津田喜章氏を講師に、第2回公開講座が開催されました。

 会場には約30名の来場者が参加しており、講師からは約4,400人の取材を通し、「故郷は人格の一部」ということや、「被災者は遺族、大事な人を亡くした方に変換して考える」ことなどについて、わかりやすく、丁寧にお話いただきました。

 本公開講座は、今年度、4回開催する予定です。