インフォメーション

心理・教育学群 ― 心理学類/子ども学類/学校教育学類

2018/02/21

豊かな創造力と他者への共感力を持ち、倫理観や理論に裏付けられた高い教育学的・心理学的専門性と実践力を身につけた人を育てます。

学群の特徴



心理学と教育学は、心と心をつなぎ、現在と未来をつなぐことで、人の幸せや健やかな成長に貢献できる学問です。
軸となる資格の取得をめざしながらふたつの学問をともに学び、多面的に物事を見る視点を獲得することができます。


<心理のプロ・教育のプロを目指す3学類>
 
 
 
 
 


3 学類の連携
学群基礎科目として「心理・教育学概論」「多世代交流論」「学校安全学」「教育人間学」をともに学び、人の心と成長について幅広く学びます。
学群内で一部の科目を開放しています。

取得できる資格


心理学類
•認定心理士
•公認心理師(受験資格)
•児童指導員(任用資格)

子ども学類
•保育士資格
•幼稚園教諭一種免許状
•児童指導員(任用資格)

学校教育学類
•小学校教諭一種免許状
•中学校教諭一種免許状「国語」「保健体育」
•特別支援学校教諭一種免許状
•児童指導員(任用資格)
 

想定される卒業後の進路


心理学類
•病院や企業のカウンセラー
•スクールカウンセラー
•公務員(心理職)
•児童福祉施設
•一般企業
•大学院進学 など

子ども学類
•保育士
•幼稚園教諭
•認定こども園の保育教諭
•児童福祉施設職員
•教育関連企業 など

学校教育学類
•小学校・中学校教員
•特別支援学校教員
•公務員
•団体職員
•児童館職員
•教育関連企業
•教育関連NPO法人職員 など
 



※設置構想中のため、掲載内容は予定であり、変更になる場合があります。