インフォメーション

J-ALERT(弾道ミサイル発射時)作動時および落下物発見時の対応について

2017/09/15

この度、北朝鮮が日本の上空を通過する形で弾道ミサイルの発射に伴い、今後も引き続き、同様のミサイルの発射が懸念されます。国内に落下する可能性も考慮し、下記事項についてご理解いただき、登下校や在校時等において適切な行動をお願い致します。



 
北朝鮮が弾道ミサイルを発射した場合には、緊急情報ネットワークシステム(エムネット)により、行政機関、報道機関等に情報が伝達されるとともに、我が国に影響がある場合には、関係する地域に対して、全国瞬時警報システム(Jアラート)により情報が伝達されることとなりますので、落ち着いて直ちに以下の行動をとってください。また、これらの緊急情報にあわせて、テレビ、ラジオの報道情報等にも注意してください。

 

【Jアラート作動時の行動例】

①屋外にいる場合
・ 近くのできるだけ頑丈な建物、地下に避難する。
・ 適当な建物がない場合、物陰に身を隠すなど身を守れる場所を確保する。
・ それも難しい場合、地面に伏せて頭部を守る。
・近くにミサイルが落下したときは、口と鼻をハンカチで覆い、現場から直ちに離れ、密閉性の高い屋内または風上へ避難する。

②屋内にいる場合
・ 窓から離れる。窓から遠い場所に移動する。できれば窓のない部屋、地下等に避難する。
・ 机の下等に身を伏せる等して頭部を守る。
・近くにミサイルが落下したときは、換気扇、エアコンを止め、窓を閉め、目張りをして室内を密閉する。

③自動車の車内にいる場合
・車は燃料のガソリンなどに引火する恐れがあるため、車を止めて頑丈な建物や地下街などに避難する。周囲に避難できる頑丈な建物や地下街などがない場合、車から離れて地面に伏せ、頭部を守る。
 

【落下物発見時の行動例】

落下物を発見した場合には決して近寄らず、下記の対応をしてください。
① 大学構内で発見した場合
・総務課(381‐3333)又は守衛室(381‐3434)へ連絡すること

② 学外で発見した場合
・警察(110)又は消防(119)へ連絡すること

 

【参考:内閣官房国民保護ポータルサイト】

※弾道ミサイルが落下する可能性がある場合に国民がとるべき行動については、内閣官房国民保護ポータルサイトに掲載されています。随時、更新されていますので参考にしてください。
内閣官房国民保護ポータルサイト 
http://www.kokuminhogo.go.jp/pc-index.html
弾道ミサイル落下時の行動について [PDFファイル]
http://www.kokuminhogo.go.jp/pdf/290421koudou2.pdf
弾道ミサイル落下時の行動に関するQA [PDFファイル]
http://www.kokuminhogo.go.jp/kokuminaction/qa.html

本件に関する対応窓口

【学校法人尚絅学院 経営管理部総務課】
TEL:022-381-3332 FAX:022-381-3335
E-mail:somuka@shokei.ac.jp

関連データ