現代社会学科 お知らせ

現代社会学科:卒論発表をライブ配信

2015/01/24

森田明彦ゼミでは電子黒板やWiviaなど昨年末に導入した最新の情報通信機器を活用して、1月22日、23日に卒業論文発表会のライブ配信を行いました。

森田明彦ゼミでは、日本における国際人権基準、ホロコーストとハンナ・アーレント、従軍慰安婦問題、生活保護、児童労働、世界の水問題など多彩なテーマについて学生たちが卒業研究に取り組んできました。 1月22日、23日に行われた卒業研究発表会では、昨年末に導入した電子黒板とWivia、それにUstreamを併用して、学内および学外に向けて学生の発表をライブ配信しました。 最新の情報通信技術に関する知識とスキルを学び続けることは、これから実社会に出ていく学生にとって必要不可欠です。 森田ゼミは、卒業を控えた4年生にインターネット上でのライブ配信を体験させることにより、情報通信技術への関心と興味を高めるという試みに挑戦してみました。

ライブ配信中の卒論発表会の様子(1)

ライブ配信中の卒論発表会の様子(1)

関連リンク