現代社会学科 お知らせ

【地域実践コース】東京・築地 語らいマルシェを開催しました!

2018/09/25

9月22日(土)、地域実践コースの受講生3名および尚絅学院大学ヒトノワのメンバー2名が東京・築地にて開催された「秋の 学び・伝え・つながる祭り」に参加しました。

 

東京都中央卸売市場築地市場は2018年10月6日(土)を以て営業終了し、豊洲市場に移転することになりました(※)。「日本の台所」とも呼ばれてきた「築地市場」は83年の歴史に幕を下ろすことになります。
 ※ 場内市場のみ移転。場外市場は現状のまま存続する。

  • 築地市場(場外市場)

    築地市場(場外市場)

  • 「月島のうた」を歌う皆さん

    「月島のうた」を歌う皆さん

  • 芋煮試食の準備の様子

    芋煮試食の準備の様子

  • 魚河岸屋上広場の販売会場

    魚河岸屋上広場の販売会場

今回の活動は、東京都中央区文化・生涯学習課が区民カレッジ生涯学習コーディネーター養成講座の一環として、「学び」、「伝える」、「つながる」をテーマにした学習イベントを企画し、本学の松田道雄先生とのコラボによって実現した初の試みです。

築地場外市場にある社会教育会館と築地魚河岸屋上広場にて、多種多様な学習・交流のプログラムおよび試食販売のイベントが行われました。学生の皆さんは、「語らいマルシェ」のスタッフとして、東北の秋の風物詩芋煮の調理の手伝いや東北の特産品の販売に参加し、多くの方々と交流することができました。
学生たちは、今回の活動を通して、イベント活動の事前準備や当日の運営などについて直に学ぶことができました。また、交流活動を実践することで地域のつながりを考える貴重な経験をすることができました。

当日は、佐藤政夫常務、合田隆史学長、尚絅学院同窓会関東支部の近藤京子支部長にも応援に駆け付けていただきました。