人間心理学科 お知らせ

ケアンズ日誌②:海外インターンシップ [人間心理学科 池田和浩]

2015/08/27

ケアンズでの研修も半分ほどの日程を消化し、学生さんも海外での生活に馴染んできたようです。
それでは今回の報告スタート!

4日目:小学校にて研修

< しっかり、離さない >

< しっかり、離さない >

Holy Cross Elementary Schoolにてボランティアワークに従事しました。私立の小学校で在校生の総数は600人だそうです。今回は20名程度の低学年のクラスにお邪魔し、福笑い体験と空手講習を行いました。小学生の自由な動きに、用意していた台詞が使えなくなるなど、皆さん若干テンポをくずされつつも、柔軟な対応が取れていたと思います。最後には、つないだ手を離さない子や、ハグを求める子、連続ハイタッチなど、学生さんも小学生の皆さんも、こころから楽しんでいると感じました。

5日目:各種研修開始 (DAY1)

< 初日とは思えない働き! >

< 初日とは思えない働き! >

これまでは皆さん同じ場所での研修でしたが、5日目からは個別のプログラムが開始されました。職種は様々です。学生さんは、カフェ、ピザ屋、赤十字、チャイルドケアなどの施設に、二人ないし三人一組で派遣されました。ここからは状況に合わせたさらなる柔軟性が求められます。ここまで学んできたことを活かしつつ、皆さん緊張しつつも充実した職業体験に従事できたようです。

インターンシップも後半戦に入りましたが、皆さん集中して業務をこなしていきます。
次の報告もご期待ください。
 
文責:人間心理学科 准教授 池田和浩

関連リンク