尚絅学院大学

人間心理学科 お知らせ

夢よ再び(2012年7月13日開催『就活イメージアップ講座』)

2012/10/16


 昨年7月1日にその夢は実現した。プロのスタイリスト秋山いずみさんがわざわざ尚絅学院大学へ来て「就活に活かすイメージアップ講座」を開催してくれた。最初で最後なのか?と感謝・感激しつつもそこはかとない寂しさを感じていたのは教員たちだけではあるまい。しかし今年も秋山いずみさんは尚絅に来てくれた。今年は人間心理学科としての学科主催キャリアアップ指導の一環としてである、昨年は1日間だけだった講座が今年は7月13日(金)、14日(土)の2日間になり、講座内容もバージョンアップされていた。昨年の段階でアンコールの声が大きかった「パーソナルカラーの選択」もプログラムに組み込まれていたのである。 

 秋山いずみさんは、カラー&イメージコンサルタントスタジオ「バランセンス」を主宰しており、パーソナルカラーコンサルタント、ビジネスマナーインストラクターなどの資格も有する。秋山さんの持ち前は、ビジネスマナーなどにおいて、「その人の本来持っている資質」を「最大限に引き出す」点にあり、彼女のコンサルテーション前後ではその受講者は劇的な変化を遂げ、就職や芸能界オーディションに次々と合格してしまうパーソナルスタイリストなのである。また早稲田大学などでもキャリアアップ講座担当の経験があり、ファッション系のサイトでもファッションアドバシザー、パーソナルカラーアドバイザーとしてコラムなどを連載しておりまたそれが大人気であり、八面六臂の大活躍ぶりである。そのような中、地方に出張し2日間も日にちを確保するのは大変な事なのである。

 この講座の参加者は、3年生、4年生が大多数であったが、1年生、2年生からも参加者がいた。講座の内容は、両日とも第1部、第2部と分かれており、第1部では‘「人は見た目でこんなに変わる」“実例紹介”と“身だしなみ”、“面接の時のマナー”、“やる気が伝わる、知的に見える「ウォーキング」、“立ち方、座り方”、“お辞儀の仕方”などであった。「人は見た目でこんなに変わる」では、秋山さんが今まで手掛けた人たちのビフォー・アフターの実例写真が紹介され、自分に合った服装、髪型などで秋山さんが手掛ける前と後での違いは歴然としていた。身だしなみでは、就職活動を行うにあたり、今現在各自が着用しているスーツが自分の体に合っているのか、どのようなスーツが良いのかなどの指導があった。また、男性は、どのようなネクタイが就職活動にあっているのか、ネクタイの長さはどのくらいが良いのかなども指摘されていた。面接時のマナーの中身は、面接の心得や面接官は受験者のどこをみているのか、面接時の第一声について、どのような表情が良いのかであった。やる気が伝わる、知的に見える「ウォーキング」では、実際にウォーキングを行った。1日目は、教室内で上靴のまま行い、2日目には、外でパンプス、革靴を履いた状態で行った。歩き方1つでこれまで「学生」だった者が「社会人」のように見えてくるのは驚きであり、やる気が伝わる、知的に見えるということが学生たちも体感できたのではないだろうか。立ち方、座り方やお辞儀の仕方は、どのように立てば、どのように座ればきれいに見えるのか、状況によってお辞儀の角度を変えるということまで細かく教えてくれた。この第1部に参加するだけでも、参加しない人よりも有利に就職活動を行える!と発言している学生が何人もいた。

 第2部では、“似合うヘアスタイルアドバイス”、“メイクアップレッスン”、“面接のための立ち居振る舞い”などを行いました。各自に似合うヘアスタイルアドバイス、メイクアップレッスンでは、秋山さんの指導のもと、どのようなヘアスタイル、メイクが良いのか、実際に自分でヘアスタイルを変えたり、メイクを参加者全員が実践した。参加者のうち何人かは秋山さんにヘアスタイルを変えてもらい、メイクもしてもらい、皆うっとり状態であり、まるで別人のようになっている学生もいた。面接のための立ち居振る舞いでは、1人1人自己紹介をして声を出すなど体を動かしながら行った。
 
 

 1日目、2日目両日とも第1部、第2部の終了後、秋山さんに個人的に質問できる時間が設けられた。この時間帯で自分にはどのような色が似合うのか、今現在自分が持っている化粧品は自分に似合う色なのか、化粧負けによるお肌のトラブル対策まで学生たちは教えてもらっていた。そしてこの時間帯でも秋山さんにメイクしてもらった学生もおり、大学生として「可愛い」というようなメイクから、大人として「綺麗」なメイクに変わったようであった。

 全体を通して、学生たちは和気藹々あいあいとした雰囲気の中で、体を動かすことも多く、緊張もなく楽しく学ぶことができたようである。今回の講座の参加者には昨年3年生として受講したメンバーが4年生として多数参加しており、「今後この講座が開かれる機会があったなら是非参加することをお勧めしたい」と異口同音に述べていた。ちなみにこれら4年生の中には昨年の講座以降、秋山さんに“ちゃっかりと“写メを駆使して個人指導を受けていた者とか、秋山さんに会いに行った者とか……、ちゃっかり者ならぬしっかり者揃いだったようで、4月時点で全員就職は決まっていた点を付け加えておく。

 さて来年度・・・夢は三たびかなうのだろうか・・・?