尚絅学院大学

人間心理学科 お知らせ

夢はまだまだ続く [人間心理学科 太田 太田健児]

2015/10/01


2011年7月、震災の傷も癒えぬまま迎えてしまったその夏、尚絅にとって夢のような出来事が起こった。そう、超一流のプロのスタイリストが、多忙の中、人間心理学科の学生たちのために特別に時間を割いて大学に来て下さったのである。

その名は秋山いずみ先生

 ひょんなことから秋山先生とお知り合いになり、ダメもとで「尚絅に来てもらえませんか?」と恐る恐る頼んだところ、あっさりとお引き受け下さったのである。「喜んでお引き受け致します!」。「講師料など全然心配しないで下さい!」。震災後でぐったりとして元気がなかった学生たちにとってまるで夢のような1日が過ぎていった2011年7月であった。

 秋山先生は神奈川県でカラー&イメージコンサルタントスタジオ「Balansense」(バランセンス)を主宰されているイメージコンサルタントである。AFT色彩検定1級、パーソナルカラーコンサルタント、パーソナルスタイリスト、ビジネスマナーインストラクター、ウォーキングインストラクター、カラーコーディネーター、ブライダルコンサルタントなど様々な資格とキャリアをお持ちの先生で、その人の本来もっている資質を最大限に引き出し、コンサルテーション前後の劇的な変化によって、就職、芸術界や芸能界のオーディションに合格させてしまうその「ワザ」「術」は業界でも屈指のものと評判である。その他にトレーニングDVD『誰でもわかるビジネスマナー』3巻シリーズ(Ⅰ「身だしなみ・姿勢編」、Ⅱ「社内コミュニケーション」、Ⅲ「電話対応・訪問編」)の監修にあたり、講師としてそこに登場している。

あれから4年

 学生達の強い要望に秋山先生が応えて下さり、毎年7月と11月の2段階講座(初級・中級)に発展して現在に至っている。毎年土曜日開催とし、3年生を主な対象としているが1年生も興味津々の者は参加してくる。4年間毎年受講を続けている学生もいる。

 そして、今年2015年度も「就活に活かすイメージアップ講座Ⅰ」が7月4日(土)に開催され、次の「中級編」は11月7日に開催される。まだ申し込み受付を開始していないのに、早くも参加希望者は20名を超えている。

 毎年のプログラムであるが、午前の部(10:00-12:00)、午後の部(13:00-15:00)に分かれていて、先生の教え方やその中身に微妙な違いはあるものの、だいたい毎年次のような中身になっている。

 午前の部は、「人は見た目でこんなに変わる」(パワポで実例紹介)、身だしなみは、パーソナルカラー見つけ、自分に合ったメイクとヘアスタイル、就活に相応しいイメージとポイント、サイズ・スカートの長さ、ズボンの長さ、ネクタイ、持ち物鞄筆記用具に至るまでレッスンとアドバイスとを受ける。

 午後の部は、一人一人に似合うヘアスタイル、メイクアップのレッスンを受ける。その後、面接時のマナー(面接時の心得 面接官はここを見ている 第一声 表情)、面接のための立ち振る舞いの指導を受ける。挨拶の仕方など一人一人声を出して、何度もダメだしをくらいながら練習する。最後にやる気が伝わる知的に見えるウォーキング、正しい姿勢と室内での歩き方を、自分の癖に気づきながら矯正していく。

 だいたい毎年このような中身の講座になっている。

 この講座に参加する学生は、男女問わず就活時の服装、腕時計、バッグ(筆記用具やメモ帳も)、靴で登校し、全部先生がチェックしてくれる。また、女子の場合は、基礎化粧品を除いた普段使っている化粧品も持ってきて診断を受ける。手鏡と小さな置き鏡も必携である。

変身

 学生は全員、来るべき就活に備えて真剣そのもの。服装がきめ細かにチェックされ、パーソナルカラー診断に基づくメイク、髪型の指導、マナーも細かくチェックして最後はウォーキングと凛々しく見えるバッグの肩掛けの微妙な角度まで指導を受け、見違えるように“変身”していく。国内外のインターンシップを控えている3年生にとっても大変役立つ講座なのである。
 
 2011年7月、尚絅学院大学人間心理学科に舞い降りた天の恵みのような「夢」は、また今年も続いたのであり、来る11月の「夢」の続きを学生たちは待ち焦がれている。
 
 なお、秋山いずみ先生主宰のスタジオのブログやよく担当される東京バーゲンマニアのサイトは下記のとおりである。
  Balansense(バランセンス) 
  東京バーゲンマニア    


 [文責: 人間心理学科 教授 太田健児]

関連リンク