尚絅学院大学

人間心理学科 お知らせ

ケアンズ日誌④:海外インターンシップ [人間心理学科 池田和浩]

2015/09/01

ケアンズでの研修もついに最後の日程を終了しました。それでは今回の報告をはじめます。

6日目:各種研修 (DAY2)

5日目に続き、皆さん同じ研修場所にて業務に従事しました。さすがに二日目となれば、多少余裕を持って各種作業をこなすことができたようです。少しでも早く仕事に習熟するため、手が空けば自発的に職場の方の動きを確認します。真剣かつ積極的な眼差しからは、責任感や向上心といった強い意志を感じる取ることができました。また、初日と比べると、ヒアリングとスピーキングの質も向上しているようでした。ちなみに、チャイルドケアの職場では、紙飛行機のブームが巻き起こっているとか、いないとか。

7日目:各種研修 (DAY3)

個別研修3日目、ついに研修最終日となりました。これまで学んだことを出し尽くし、最後の最後まで集中して研修業務を終えることができたようです。学生の皆さんは、個々の業務の一つひとつが、企業理念など大きな職務テーマにどのように繋がっていくのかを常に意識しつつ、仕事に従事されているように感じました。また、日本国内にとどまらず、国外に出て働いてみたい、という気持ちがさらに大きくなった方もいるようでした。素晴らしいことに、研修先のマネージャーの方から職場の制服を渡され「いつでも帰ってきていい」とスカウトされた学生さんもいたとか。皆さんの努力に脱帽です。よくがんばりました。

8日目:修了証書授与と打ち上げBBQ

学生の皆さんはインターンシップ業務をこなすだけでなく、今回の研修日程の中でJames Cook Universityでの語学研修も同時にこなしていました。海外インターンシップ=職業体験+語学研修です。最初はリスニングもおぼつかなかったようですが、今は講師の方と比較的リラックスして会話できるまでに。短期間ですが目覚ましい成長を見せていただきました。最終日には、修了証書の授与、および、BBQパーティーが開催されました。皆さん、心から楽しまれていたようです。大変お疲れさまでした。



海外インターンシップも全日程終了となります。残すは無事帰国することです。
最後まで気を引き締め、明日、帰途につきます。
 
文責 人間心理学科 准教授 池田和浩

関連リンク