尚絅学院大学

健康栄養学科 学びのテーマ

授業風景

臨地実習Ⅰ(給食経営管理分野)
給食の経営に必要な基本的な業務の実際を学ぶ

給食経営管理や給食の運営に必要な知識、技術を体験を通して学習。実習施設の栄養士と事前の打ち合わせを行い、栄養士・管理栄養士の指導の下に実習を行います。

授業風景

臨地実習Ⅱ・Ⅲ(給食経営管理・臨床栄養学分野)
臨床現場での管理栄養士の仕事と責任の重さとは

臨床栄養学の理論を基にした各疾患における病態、栄養食事療法の基礎を理解し、実践の技術を学びます。また、ベッドサイドにおける患者への対応の実際についても学習します。

授業風景
授業風景

臨地実習Ⅳ(公衆栄養学分野)
地域住民の健康づくりを担う行政栄養士の役割を知る

保健所及び市町村保健センター等で、地域特性や住民ニーズに応じて予防を重視した公衆栄養マネジメントや他職種との連携の実践について学びます。母子から高齢者まで、すべてのライフステージに関わるため、コミュニケーションのスキルアップが望まれます。

Student Interview

各実習を通して、実践力を養います

黒沼 希望

黒沼 希望
(山形県 米沢中央高校出身)

事業所、保育所、学校などを対象として給食を考え、100人分もの調理を行ったり、幼児期から高齢期まで、各ライフステージに合わせた栄養指導を行うなど、実習が多いのがこの学科の魅力。達成感を味わい、実践力も身につけることができます。

Topics

卒業研究中間ポスター発表 in 尚志祭

 卒業研究は、学生が興味のあるテーマを決め1年間かけて個人、あるいはグループで実験・調査を行い、尚志祭での中間発表を経て、卒業研究要旨にまとめます。今年の中間発表では、25のテーマについて、ポスター発表に加え、新企画としてパワーポイントを用いた発表概要の説明が行われました。会場を入り口に最も近い教室に移した効果もあり、例年を上回る多くの来場者が訪れ、活発な質疑が行われました。