尚絅学院大学

健康栄養学科 授業紹介

授業紹介

授業風景

健康な地域社会づくりに必要な知識を学ぶ

社会環境と健康|2年次 公衆衛生学Ⅰ

人間集団の健康を維持して、増進していくための組織的活動について、その理念や仕組みを修得します。統計データなどで現状を理解しながら、組織別や対象者別を意識した保健活動のよりよいあり方を学んでいきます。

授業風景

人体の器官系の機能・仕組みを理解する

人体の構造と機能、疾病の成り立ち|2年次 解剖生理学Ⅱ

人体を構成する器官系がどのような器官および組織からなり、それらがどのように組み立てられ、どのような仕組みで生命活動を支えているのかについて理解を深めます。解剖生理学Ⅰに引き続き、7つの器官系の構造および機能について学びます。

授業風景

管理栄養士として患者さんと向き合うために

人体の構造と機能、疾病の成り立ち|3年次 臨床医学Ⅰ

糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病をはじめ、多くの重要な疾患の治療や予防に栄養管理は極めて重要です。本講義では臨床医学への入門編として、さまざまな疾病発症の病理メカニズムや診断、検査等、栄養士にとって必須の知識を学びます。

授業風景

食の安全を理解し実験を通じて実践を学ぶ

食べ物と健康|2年次 食品衛生学実験

食の安全性、健全性を守るための実際の手順・方法を実施します。食品製造の環境検査から食品の変質、腐敗、食中毒の防止、添加物の検出、食品の放射能検査、遺伝子組み換え食品の検査までを実践します。

授業風景

和・洋・中の調理法の基礎を習得する

食べ物と健康|1年次 調理学実習Ⅰ

調理操作および食品の調理特性を考慮し、調理の基礎を学びます。日本料理、西洋料理、中国料理、行事食などの実習を通して、健康的な食事の基礎、食文化、食事作法、食の伝承などを学習します。

授業風景

食事と健康との関係を科学で理解する

基礎栄養学|2年次 基礎栄養学

健康的な生活を送るためには、身体が適切な栄養状態でなければなりません。健康に繋がる食事のとり方を理解するには、食物に含まれている栄養素の体内での働きを知る必要があります。栄養素の機能や特徴、体内での代謝変換や調節機構を学びます。

授業風景

ロールプレイングにより実践力を養う

栄養教育論|2年次 栄養教育論実習Ⅱ

ライフステージ、ライフスタイルに応じた栄養教育のあり方、方法について修得します。栄養教育の計画、実施、評価のプロセスについてロールプレイングなどを行いながら実習を通して学び、実践的な技術を身につけます。

授業風景

食事療法の基礎を理解し食事計画の実践力を養う

臨床栄養学|3年次 臨床栄養学実習Ⅰ

臨床栄養学の理論を基とした各疾患における病態、栄養食事療法の基礎を理解し、栄養食事計画を基に実践の技術を学びます。また栄養食事指導の実施方法、ベッドサイドにおける患者への対応の実際についても学習します。

授業風景

給食経営管理業務に関する方法技術を習得する

給食経営管理論|2年次 給食経営管理実習Ⅰ

 給食経営管理論で学習した栄養・食事管理、衛生・安全管理、施設・設備管理、原価管理などについて、100食という大量調理の生産を通じて理解を深めます。栄養管理を具現化したものが給食です。他科目で学んだ知識も活かし、食事として表現するプロセスについて小グループで実習していきます。

ゼミナール紹介

野田ゼミ

地元の食材(セリ)の新たな活用法を考える

野田ゼミ 指導教員:野田 奈津実

名取の名産「セリ」。お雑煮や鍋など和食に使われることが多い野菜ですが、新たな調理法・活用法を提案するため、アンケート調査、試作、官能評価を行います。

岡崎ゼミ

学生食堂における食環境整備

岡崎ゼミ 指導教員:岡崎 有里

学生食堂を利用する学生のニーズを調査し、望ましい食環境を整えるために日々、アイデアを出し合っています。学生が主体となった活発なゼミ活動を目指します。

細矢ゼミ

A:デジカメを用いた食品の評価
B:セリ入りつみれの食感の研究

赤坂ゼミ 指導教員:赤坂 和昭

デジカメを用いた豆乳の色の簡単な評価法の開発、および、地元名産のセリの新しい加工品の創出を目指し、セリ入りつみれの食感に関する研究を行っています。