尚絅学院大学

教員免許状更新講習

教員免許更新制の流れ

「有効期間の満了日」の確認、「修了確認期限」の確認
  • 新免許状(平成21年4月1日以降に初めて授与された免許状)を持つ方は、所持している免許状に記載されている「有効期間の満了日」を確認してください。有効期間の異なる複数の免許状を所持している場合は、その最も遅く満了する日が、自動的に全ての免許状の「有効期間の満了日」となります。
  • 旧免許状(平成21年3月31日以前に初めて授与された免許状)を持つ方は、 「最初の修了確認期限」及び「次回の修了確認期限」を確認してください。修了確認期限については、文部科学省のWebサイトで確認してください。
    文部科学省 教員免許更新制:修了確認期限をチェック
受講資格の確認
免許状更新講習は、受講対象に該当する方のみ受講することができます。受講対象者については、文部科学省のWebサイトで確認してください。
文部科学省 教員免許更新制:免許状更新講習の受講対象者
受講期間の確認
受講期間は、所持している免許状の種類によって以下のとおりとなります。
新免許状
受講期間は「有効期間の満了日」の2年2か月前から2か月前の2年間です。免許状に記載されている「有効期間の満了日」を確認してください。新免許状所持者でも状況によって更新の方法が異なりますので文部科学省のWebサイトで確認してください。
文部科学省 教員免許更新制:新免許状所持者(平成21年4月以降に初めて免許状を授与された方)
旧免許状
受講期間は「修了確認期限」の2年2か月前から2か月前の2年間です。「修了確認期限」は生年月日により定められています。令和2年度の受講期間に該当する方は以下の表の生年月日の方です。
生年月日 免許状更新講習受講期間及び
更新講習修了確認申請期間
修了確認期限
昭和30年4月2日~昭和31年4月1日
昭和40年4月2日~昭和41年4月1日
昭和50年4月2日~昭和51年4月1日
平成31年2月1日~令和3年1月31日 令和3年3月31日
昭和31年4月2日~昭和32年4月1日
昭和41年4月2日~昭和42年4月1日
昭和51年4月2日~昭和52年4月1日
令和2年2月1日~令和4年1月31日 令和4年3月31日
受講の申込
講習開設者に受講を申し込みます。なお、受講申込みの際、校長等により受講対象者であることの証明を受けることが必要になります。
講習の受講
必修領域、選択必修領域、選択領域の3つの領域から合計30時間以上の受講が必要です。
必修領域
(6時間以上)
  • 国の教育政策や世界の教育の動向
  • 教員としての子ども観、教育観等についての省察
  • 子どもの発達に関する脳科学、心理学等における最新の知見(特別支援教育に関するものを含む。)
  • 子どもの生活の変化を踏まえた課題
選択必修領域
(6時間以上)
  • 学校を巡る近年の状況の変化
  • 学習指導要領の改訂の動向等
  • 法令改正及び国の審議会の状況等
  • 様々な問題に対する組織的対応の必要性
  • 学校における危機管理上の課題
  • 教科横断的な視点からの教育活動の改善を支える教育課程の編成、実施、評価及び改善の一連の取組
  • 学習指導要領等に基づき育成すべき資質及び能力を育むための習得、活用及び探究の学習過程を見通した指導法の工夫及び改善
  • 教育相談(いじめ及び不登校への対応を含む。)
  • 進路指導及びキャリア教育
  • 学校、家庭及び地域の連携及び協働
  • 道徳教育
  • 英語教育
  • 国際理解及び異文化理解教育
  • 教育の情報化(情報通信技術を利用した指導及び情報教育(情報モラルを含む。)等)
  • その他文部科学大臣が必要と認める内容
選択領域
(18時間以上)
幼児、児童又は生徒に対する教科指導及び生徒指導上の課題
講習の課程を修了
30時間以上の講習の課程を修了した場合は、講習開設者から修了認定され「修了証明書」が発行されます。講習の課程の一部を履修した場合は、履修認定がなされ「履修証明書」が発行されます。
有効期間の更新または更新講習修了確認のための申請
「修了証明書」または合算して30時間以上となる「履修証明書」を添付して、免許管理者(現職教員の場合には勤務する学校が所在する都道府県教育委員会、現職教員でない場合には住所地の都道府県教育委員会)に有効期間の更新または更新講習修了確認のための申請を行います。 宮城県での申請の場合、宮城県教育委員会のWebサイトで確認してください。
宮城県公式ウェブサイト:教員免許更新等の手続き・様式等