インフォメーション

尚絅がロケ地に!映画「ママレード・ボーイ」が4月27日より公開!

2018/04/12

 

 

学校法人尚絅学院の大学(名取キャンパス)・中高(広瀬キャンパス)が、映画「ママレードボーイ」の主人公含めた登場人物たちの通う高校(私立桐稜大学附属高等学校)シーンの撮影ロケ地として、以下のシーンで撮影されました。 
☆中高・大学での撮影シーン                                                           

 ①私立桐稜大学附属高等学校・教室・廊下シーン(中高・教室&周辺廊下にて撮影)

 ②   〟  ・校長室前廊下シーン(中高・職員室前&礼拝堂前廊下にて撮影)

 ③   〟  ・図書館シーン(大学・図書館almoにて撮影)

 ④   〟  ・中庭シーン(大学・5号館にて撮影)

 ⑤   〟  ・登下校シーン(大学・本館前階段にて撮影)

 ⑥   〟  ・保健室シーン(大学・非常勤講師室にて撮影)

 ⑦   〟  ・日常風景シーン(大学・多目的広場にて撮影)
 

詳細はせんだい・みやぎFCの特設サイトとロケ地紹介リーフレット(画面下にPDFあり)をご覧ください。
http://www.sendaimiyagi-fc.jp/support-work/marmaladeboy/loca



☆尚絅の学生・教職員がエキストラとして参加!                              

本作には実際にキャンパスで活躍する尚絅の学生・教職員が、主人公のクラスメート役、世界史の先生役、主人公クラスの担任役、保健室の先生役、図書館の司書役、部活動顧問などで登場しています。映画館でぜひ探してみてください。

☆参考:ママレードボーイについて                                    

『ママレード・ボーイ』(Marmalade Boy)は、少女漫画誌「りぼん」で199295年に連載された原作漫画は、シリーズ累計発行部数1000万部を記録する人気作。94年にテレビアニメ化、95年に劇場アニメ版が公開され、2001年には台湾でテレビドラマ化されている。現在、続編となる漫画「ママレード・ボーイ little」が「ココハナ」(集英社刊)で連載中。
映画版では桜井日奈子と吉沢亮のダブル主演で、「ストロボ・エッジ」「PとJK」の廣木隆一監督がメガホンをとり、ドラマ「ラブジェネレーション」「神様、もう少しだけ」などで知られる浅野妙子が脚本を執筆。

■映画版ママレードボーイ

http://wwws.warnerbros.co.jp/marmaladeboy/

■アニメ版ママレードボーイ

http://www.toei-anim.co.jp/lineup/tv/mamaboy/

■漫画版ママレードボーイ

http://www.s-manga.net/book/978-4-08-618731-2.html

 

 

 

 

 

 

 

 

関連データ