尚絅学院大学

ボランティア活動

ボランティア活動報告2018 「災害ボランティアセンター運営サポーター養成講座」を行いました

2019/03/26

 2月13日(水)に、仙台市ボランティアセンターとの共催で「災害ボランティアセンター運営サポーター養成講座」を行いました。
 講座は、災害ボランティアセンターや被災者支援の目的、運営サポーターの役割についての講義と、実際に運営スタッフや災害ボランティアの立場となっての疑似体験という二本立てで行われました。

 仙台市ボランティアセンター職員の方による講義は、東日本大震災発生時の様々な事例を交えながらのお話で、心構えや配慮すべきことなどにも理解を深めることができました。


 その後、講義で理解したことを活かしながら、実際の災害ボランティアセンターを想定した流れで疑似体験を行いました。今回体験する運営スタッフ側としての役割は、ボランティア登録窓口、活動とのマッチング、物品の貸し出し、活動後の報告窓口。全員がボランティア役と運営スタッフ役を体験し、活動の流れについて学ぶことができました。


 講義・体験終了後には、卒業生との交流会を行いました。2011年の震災発生後に名取市内の災害ボランティアセンターで活動した卒業生を招き、当時の話を聞きました。ボランティアチームTASKI立ち上げのメンバーでもあることから、交流会に参加したTASKIの現役生の積極的な質問もあり、活発な意見交換が行われました。


 今回の講座を受講した全員が「修了証」を受け取り、実際に災害ボランティアセンター運営スタッフとして仙台市ボランティアセンターに登録をしました。登録した証としてリストバンドもいただきました。