尚絅学院大学

ボランティア活動

仙台市教育委員会・名取市教育委員会と提携した小中学校での教育支援ボランティア活動や地域の幼稚園や保育所・公民館での朗読読み聞かせのボランティア活動など、年間を通して実施しています。

また、2011年3月の東日本大震災が起こった際には、名取市と協力し「名取市災害ボランティアセンター」のスタッフとして活動を希望する学生や教職員、同窓生、生涯学習センターに集う受講生を支えてきました。

現在では学生ボランティアチームTASKIが主体となり、主に名取市の仮設住宅や復興公営住宅において「寄り添い支援活動」を継続して行っています。キャンパス内には、災害ボランティアや地域支援に関する情報が集まる「尚絅ボランティアステーション」を設置し、活動を希望する学生に開放しています。