エクステンションセンター

エクステンションセンターは、本学の持つ教育資源を社会や地域へ積極的に開放し活用していくために設置された組織で、地域貢献や生涯学習、国際交流に関する事業を行っています。具体的には地域に密着した大学としての役割を果たすために、高等学校との連携や自治体からの専門委員等の協力や受託研究の依頼、委託事業の推進や実施などの連携協力地域貢献を行っています。「ハングル講座」「おやじのための料理講座」などを開講するオープンカレッジや、「地域と取り組む次世代教育」などの公開講座や特別講演会を開講して地域市民の学びの場、生涯学習の場としての働きも担っています。 また県内外からの受講者が参加する幼稚園教諭や保育士を対象としたリカレント講座を開講し、保育士の再教育の場としての働きも担っています。

国際交流は、韓国や中国の複数の高等教育機関との連携協力を締結して、情報の交換や教育研究の協力、教職員及び学生の交流を検討しています。また「アジアにおける子どもの人権保護と社会参加の支援」をテーマにタイ・韓国・中国・フィリピンから研究者を招き、日本の研究者や学生、教育・福祉関係者、一般市民が参加して国際学術シンポジウムを開催しています。更にアメリカのイリノイ州にあるジャドソン大学と姉妹校の協定を締結し交流を深めています。

以上のように、尚絅学院大学のエクステンションセンターは地域住民の学習の場や集い交流の場としての働きと、アジアやアメリカなどの高等教育機関との連携交流を促進する組織です。