尚絅学院大学

学群・学類設置記念講演会

時代を行く抜く力を考える

入場
無料

尚絅学院大学は2019年4月の3学群・5学類制への大学改組を記念し、学群・学類ごとにさまざまなテーマで講演会を開催します。

「時代を生き抜く力を考える」を共通キーワードに、各分野の研究者や実践者が市民向けに分かりやすく講演いたします。

どなたでも参加できますので、お気軽にご来場ください。

人文社会学群

9/1 SAT 15:00-17:00 [開場 14:30]

ニホンの働き方改革に必要なもの
—8つの習慣—
会 場
エルソーラ仙台大研修室
講演者
ロッシェル・カップ氏(ジャパン・インター・カルチュラル・コンサルティング)

「働き方改革」において、残業0や勤怠管理が取り上げられていますが、従業員の働く時間を管理するだけでは真の改革になりません。働き方を変えるために必要な8つの習慣について、ロッシェル・カップ氏とともに考えます。

人文社会学群

9/20 THU 18:30-20:30 [開場 18:00]

東日本大震災からの復興の課題
—被災地へできること—
会 場
せんだいメディアテーク1階オープンスクエア
講演者
田中 重好氏(尚絅学院大学 教授 人文社会学群長予定者)
寺島 英弥氏(尚絅学院大学 客員教授。河北新報社論説委員会委員)

東日本大震災から7年半が経過し、津波被害や原発被害の現状は、メディアを通して伝えられていますが、現実はどうなっているのでしょうか。今回、いわき市に在住し、いわき市の情報発信を続けている山根麻衣子氏と、学生と共に仮設住宅を中心にボランティアを続けてきた本学職員佐々木真理氏からその活動内容や葛藤について生の声を聞きながら「他社が当事者に何ができるか」をともに考えます。

詳しい内容を見る

人文社会学群

10/31 WED 18:30-20:30 [開場 18:00]

大学生と考えるSDGs
—わたしたちのアクションプランづくり—
会 場
せんだいメディアテーク1階オープンスクエア
講演者
海藤 節生氏(東北地方ESD活動支援センター・ESDコーディネーター)

国連加盟193か国が2016年〜2030年の15年間で達成するために掲げた持続可能な開発目標「SDGs」。東北を「持続可能な社会」として次世代へと引き継ぐため、17の目標を実現に向けて、活動事例から学び合い、一人ひとりができることを考えます。

詳しい内容を見る

人文社会学群

12/15 SAT 14:00-15:30 [開場 13:30]

リーマン・ショックから10年のいま、私たちの経済社会を考える
—制度経済学と経営学の視点から—
会 場
尚絅学院大学 5G講義室
講演者
高橋 真氏(尚絅学院大学 教授)
張 涛氏(尚絅学院大学 准教授)

リーマン・ショック以降、金儲けを求めることが疑問視され、豊かさと幸せが実感できない私たちの生活が続いてきました。格差や差別、中流崩壊という課題を抱えた現代日本において、豊かさと幸せを実感できる経済とその仕組みについて考えます。

詳しい内容を見る

心理・教育学群

11/23 FRI 10:30-12:30 [開場 10:00]

ことばの世界を愉(たの)しむ
会 場
尚絅学院大学
講演者
秋月 高太郎氏(尚絅学院大学 教授)
松本 真奈美氏(尚絅学院大学 教授 心理・教育学群長予定者)

昔と今の「歌」に使われることばには、どんな違いがあるのでしょう。また、私たちはどのようにことばを使い、何を伝えようとしているのでしょう。文学と言語学、それぞれの学問の視点から、ことばについて考えてみます。

詳しい内容を見る

講演会に関するお問い合わせ

尚絅学院大学大学改編準備室(佐々木)
〒981-1295 宮城県名取市ゆりが丘4-10-1
TEL.022-381-3343/FAX.022-381-3325