インフォメーション

本学学生が第2回仙台短編文学賞東北学院大学賞を受賞しました。

2019/04/25

 本学学生の千葉奏杜(筆名 田中エリザバス)さんが『長次郎の夢』で第2回仙台短編文学賞東北学院大学賞正賞を受賞しました。
 仙台短編文学賞は、2017年に創立されたまだ新しい文学賞で、大賞、仙台市長賞、河北新報社賞、プレスアート賞、学生を対象とした東北学院大学賞が設けられています。仙台・宮城・東北と何かしらの関連がある作品で、第2回の今回は324点の応募があったそうです。
 そのうち、中学生、高校生、専門学校生、大学生及び大学院生を対象とした東北学院大学賞に、本学表現文化学科2年の千葉奏杜(筆名 田中エリザバス)さんの『長次郎の夢』が選ばれ、授賞式が2019年4月13日に行われました。


 受賞に先立ち、本学学長への受賞報告も行われました。
 受賞報告では、作品や文学賞への応募、筆名、今後の活動について、千葉さんから話がありました。
 学長からは、今回の受賞を称えると共に、今後の活躍への激励の言葉が贈られました。


 受賞作の 『長次郎の夢』は、『震災学 vol.13』に掲載されていますので、ぜひご一読ください。

関連リンク