インフォメーション

新たに『環境デザイン教育研究センター』がスタートしました。

2017/05/10

我々スタッフが環境に関する企画、運営を積極的に進めていきます

我々スタッフが環境に関する企画、運営を積極的に進めていきます

環境デザイン教育研究センターは環境保護・環境保全、地域の緑化などの環境に関する教育研究活動の改善および充実を図り、全学的な展開を支援します。

本学では、これからも環境の諸問題の研究を行い、環境を広く学ぶ学生の学習支援を行うことを目的とした環境デザイン教育研究センターを立ち上げました。これにより一層研究・教育が発展していきます。

現在も環境構想学科の取り組みとして実践してきたカリキュラムの実習演習はもちろん、現場を重視し「環境」にかかわる教育を行っています。また、高校生を対象とした環境を考える「エコツアー」の実施や、環境イベントへの参加など学外での取り組みも数多く行っています。
さらに原子力発電所事故による放射能汚染の調査、海外での再生可能エネルギーに関する調査、農業・園芸を通したコミュニティーの形成など様々な方面においても取り組みを実施しています。
これらの取り組みを未来に向け発展的に持続させていくために「環境デザイン教育研究センター」がその役割を担い、フィールドワークをはじめとした実践的教育の展開、外部組織との連携も含め幅広く環境に関連した研究を行っていきます。